Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

pull request とマージ キューのマージ

ブランチのブランチ保護設定でマージ キューが必要な場合は、pull request をマージ キューに追加できます。また、必要なすべてのチェックに合格すると、GitHub によって pull request がマージされます。

注: pull request のマージ キュー機能は現在、限定的なパブリック ベータ版であり、変更される可能性があります。

マージ キューについて

マージ キューを使用すると、必要なすべてのブランチ保護チェックに合格することを保証しつつ、pull request がビジー状態のターゲット ブランチにマージされる速度を上げることができます。

pull request が必要なすべてのブランチ保護チェックに合格すると、リポジトリへの書き込みアクセス権を持つユーザーは、その pull request をマージ キューに追加できます。

マージ キューでは、GitHub Actions を使用できます。 詳細については、「GitHub Actions」を参照してください。 マージ キューの詳細については、「マージ キューの管理」を参照してください。

マージ キューへの pull request の追加

ヒント: GitHub CLI を使用して、マージ キューに pull request を追加できます。 詳細については、この記事の上部にある [GitHub CLI] タブをクリックしてください。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下にある [pull request] をクリックします。 [Issues and pull requests](issue と pull request) タブの選択

  2. [pull request] の一覧で、マージ キューに追加する pull request をクリックします。

  3. [準備ができたらマージ] をクリックして、pull request をマージ キューに追加します。 または、管理者の場合は、次のことができます。

    • ブランチ保護設定で許可されている場合は、 [要件が満たされるのを待たずにマージする (ブランチ保護をバイパス)] をオンにして pull request を直接マージし、標準フローに従います。 マージ キューのオプション

    ヒント: 提案された変更をマージする準備ができたらいつでも、 [準備ができたらマージ] をクリックできます。 必要な承認と状態チェックの条件が満たされると、GitHub によって自動的に pull request がマージ キューに追加されます。

  4. [準備ができたらマージを確認する] をクリックして、マージ キューへの pull request の追加を確認します。

GitHub CLI で、gh pr merge コマンドを使用してマージ キューに pull request を追加できます。 マージ キューを必要とするブランチをターゲットにしている場合、必要なチェックに合格した場合に、このコマンドによって pull request がキューに自動的に追加されます。 必要なチェックに合格していない場合、このコマンドによって pull request の自動マージが有効になります。 詳しくは、GitHub CLI のマニュアルで gh pr merge をご覧ください。

マージ キューからの pull request の削除

マージ キューから pull request を削除するには、GitHub.com のリポジトリのページに移動する必要があります。 GitHub CLI を使用して、マージ キューから pull request を削除することはできません。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下にある [pull request] をクリックします。 [Issues and pull requests](issue と pull request) タブの選択

  2. [pull request] の一覧で、マージ キューから削除する pull request をクリックします。

  3. キューから pull request を削除するには、 [キューから削除] をクリックします。 キューから pull request を削除する

または、ベース ブランチのマージ キュー ページに移動し、削除する pull request の横にある [...] をクリックして、 [キューから削除] を選択することもできます。 ベース ブランチのマージ キュー ページに移動する方法については、下のセクションを参照してください。

マージ キューの表示

GitHub のさまざまな場所で、ベース ブランチのマージ キューを表示できます。 GitHub CLI を使用して、マージ キューを表示することはできません。

GitHub のさまざまな場所で、ベース ブランチのマージ キューを表示できます。

  • リポジトリの [ブランチ] ページ。 キューにまだ pull request がない場合や、キュー内に既にある pull request がわからない場合で、そのキューの内容を確認したい場合は、このルートを使うことをお勧めします。 詳細については、「リポジトリ内のブランチを表示する」を参照してください。

    [ブランチ] ページでマージ キューを表示する

  • リポジトリの [pull request] ページで、マージ キュー内の pull request の横にある をクリックします。

    [pull request] ページでマージ キューを表示する

  • マージ キューがマージに必要なときは、pull request のページで、タイムラインの一番下までスクロールし、 [マージ キュー] のリンクをクリックします。

    pull request のマージ キュー リンク

  • マージ キューのビューに現在キュー内にある pull request が表示され、自分の pull request は明確にマークされます。

    マージ キューのビュー

マージ キューから削除された pull request の処理

pull request をターゲット ブランチの最新バージョンとグループ化し、キュー内でその前に変更した後、必要な状態チェックが失敗した場合、またはベース ブランチと競合した場合、GitHub によって pull request がキューから削除されます。 pull request タイムラインには、その pull request がキューから削除された理由が表示されます。