プルリクエストのレビューについて

レビューを使うと、コラボレーターはプルリクエスト中で提案された変更に対してコメントしたり、変更を承認したり、プルリクエストがマージされる前にさらなる変更をリクエストしたりできます。 リポジトリ管理者は、すべてのプルリクエストをマージ前に承認することを必須にできます。

プルリクエストのレビューについて

プルリクエストがオープンになった後、読み取りアクセスを持つすべてのユーザは、提案された変更をレビューしてコメントできます。 また、作者がプルリクエストから直接適用できるコード行への特定の変更を提案することもできます。 詳細は「プルリクエストで提案された変更をレビューする」を参照してください。

リポジトリオーナーとコラボレーターは、特定の人物にプルリクエストのレビューをリクエストできます。 また、Organization メンバーは、リポジトリの読み取りアクセス権を持つ Team にプルリクエストのレビューをリクエストできます。 詳細は「プルリクエストのレビューをリクエストする」を参照してください。 Team 全体の代わりに自動的に割り当てられる Team メンバーのサブセットを指定できます。 詳しい情報については、「Team のコードレビューの割り当てを管理する」を参照してください。

レビューにより、提案された変更についての議論がなされ、その変更がリポジトリのコントリビューションのガイドラインやその他の品質標準を満たすことを保証しやすくなります。 コードの特定の種類や領域に対して、どの個人や Team をオーナーとするかを、CODEOWNERS ファイルで定義できます。 プルリクエストが、定義されたオーナーを持っているコードを変更するものである場合、オーナーである個人あるいはTeam がレビューを担当するよう、自動的にリクエストされます。 詳細は「コードオーナーについて」を参照してください。

レビューが必要なプルリクエストのリマインダーをスケジュールできます。 詳しい情報については、「プルリクエストのスケジュールされたリマインダーを管理する」を参照してください。

凝固メント付きの変更をリクエストするレビューのヘッダ

レビューには 3 つのステータスがあります:

  • Comment: 明示的に変更を承認したり追加の変更をリクエストしたりすることなく、一般的なフィードバックをサブミットします。
  • Approve: フィードバックをサブミットし、プルリクエスト中で提案された変更のマージを承認します。
  • Request changes: プルリクエストをマージする前に対処しなければならないフィードバックをサブミットします。

レビューステータスの画像

ヒント:

  • 必須レビューが有効化されており、リポジトリへの書き込み管理オーナーのいずれかの権限を持つコラボレータがレビューを要求する変更をサブミットすると、そのプルリクエストは同じコラボレータがプルリクエスト中の変更を承認する他のレビューをサブミットするまではマージできません。
  • リポジトリのオーナーと管理者は、プルリクエストが承認レビューを受けていなかったり、あるいは変更をリクエストしたレビュー担当者がOrganizationを離れていたりアクセスできなくなっている場合でも、プルリクエストをマージできます。
  • 必須レビューと古いレビューの棄却がどちらも有効化されており、承認済みのプルリクエストのブランチにコードを変更するコミットがプッシュされた場合、その承認は却下されます。 そのプルリクエストは、再度レビューされ承認されるまではマージできません。
  • 同じコミットを指す複数のオープンされたプルリクエストがあり、それぞれがheadブランチを持つ場合、いずれかがペンディングあるいは拒否されたレビューを持っているなら、それらはマージできません。
  • Pull Requestの作者は、自分自身のPull Requestを承認することはできません。

プルリクエストが受けたすべてのレビューは、Conversationタイムラインで見ることができ、リポジトリオーナー及びコラボレーターによるレビューは、プルリクエストのマージボックスで見ることができます。

マージボックス中のレビューの画像

Tip: あなた、もしくはあなたがメンバーになっているTeamがレビューを求められているプルリクエストは、review-requested:[USERNAME]あるいはteam-review-requested:[TEAMNAME]という検索条件で検索できます。 詳しい情報については「Issueやプルリクエストの検索」を参照してください。

会話を解決する

プルリクエストをオープンしたり、プルリクエストがオープンされたリポジトリへの書き込みアクセス権を持っていたりすれば、プルリクエスト中の会話を解決できます。

Files changed(変更されたファイル)タブ上の会話が完了したことを示すには、Resolve conversation(会話を解決)をクリックしてください。

会話の解決ボタンが付いたプルリクエストの会話

会話全体が畳まれ、解決のマークが付きます。これで、まだ対応が必要な会話を見つけやすくなります。

解決された会話

コメントの示唆がプルリクエストの範囲を超えているなら、そのコメントへのフィードバックやリンクを追跡する新しいIssueをオープンできます。 詳しい情報については「コメントからIssueを開く」を参照してください。

会話の発見とアクセス

Files Changed(変更されたファイル)タブの上部に表示されるConversations(会話)メニューを使い、Pull Request中のすべての会話を見つけてアクセスできます。

このビューから、未解決の会話、解決済みの会話、古くなった会話を見分けることができます。 これによって、会話を見つけて解決することが容易になります。

会話メニューの表示

レビューを再リクエストする

たとえばPull Requestに相当の変更を加えた後に、レビューを再度リクエストできます。 レビュー担当者からの新たなレビューをリクエストするには、Conversation(会話)タブのサイドバーから、アイコンをクリックしてください。

必須のレビュー

リポジトリ管理者はすべてのPull Requestに対し、保護されたブランチにPull Requestを誰かがマージできるようになる前に受けなければならない承認レビューの数を指定できます。 リポジトリに書き込み権限を持っている人か、指定されたコードオーナーからの承認レビューを必須とすることができます。詳しい情報については保護されたブランチの設定を参照してください。

ヒント: 管理あるいは書き込みアクセスをリポジトリに対して持つ人は、必要に応じてプルリクエストのレビューを却下できます。 詳しい情報についてはプルリクエストレビューの却下を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡