Skip to main content

現在、GitHub AE は限定的リリースです。

Gistのフォークとクローン

Gists は Git リポジトリです。つまり、オリジナルの作者でなくても Gist をフォークしたりクローンしたりできます。 diff など、Gist の完全なコミット履歴を見ることもできます。

Gist をフォークする

各 Gist はどのフォークにアクティビティがあるのかを示すため、他のユーザによる興味深い変更を簡単に確認できます。

Gist をクローンする

Gist にローカルの変更を加え、ウェブにプッシュしたい場合は、Gist をクローンして Git リポジトリと同様にコミットを行えます。 詳しくは、「リポジトリをクローンする」を参照してください。

Gist をクローンするには、[埋め込み] ドロップダウン メニューを選んでから、[Clone via HTTPS] (HTTPS 経由でクローン) または [Clone via ] (SSH 経由でクローン) をクリックします。

GitHub Gist の [埋め込み] ドロップダウン メニューのスクリーンショット。 ドロップダウンが展開され、[Clone via HTTPS] (HTTPS 経由でクローン) というラベルのオプションが濃いオレンジ色で囲まれています。

Gist のコミットの履歴を見る

Gist の完全なコミットの履歴を見るには、Gist の上部にある Revisions タブをクリックします。

Gist の完全なコミットの履歴が diff とともに表示されます。

GitHub Gist の [リビジョン] ページのスクリーンショット。 [リビジョン] というラベルの付いたタブが、濃いオレンジ色で囲まれています。