Skip to main content

GitHub 言語サポート

GitHub 機能によってサポートされるプログラミング言語の概要。

サポートされている言語について

ほとんどの GitHub 機能は、コードが記述されている言語に関係なく機能します。 GitHub で認識されている任意の言語に基づいて、コードを検索したり、構文の強調表示を有効にしたりできます。 詳細については、「コードの検索」または「コード ブロックの作成と強調表示」を参照してください。

一部の GitHub 製品には、現在、プログラミング言語のサブセットでのみサポートされている機能があります。

GitHub 機能でサポートされるコア言語

GitHub 機能のコア言語には、C、C++、C#、Go、Java、JavaScript、PHP、Python、Ruby、Scala、TypeScript などがあります。 パッケージ マネージャーをサポートする機能について、現在サポートされているパッケージ マネージャーを、関連する言語と共に表にまとめています。

一部の機能は、追加の言語またはパッケージ マネージャーでサポートされています。 ある機能について別の言語がサポートされているかどうか確認する場合、または言語のサポートを要求する場合は、GitHub Community ディスカッションにアクセスしてください。

| Language | Code scanning | GitHub Actions | GitHub Packages | | :-- | :-: | :-: | :-: | | C | | | | | C++ | | | | | C# | | |
dotnet CLI | | Go | | | | | Java | | |
Maven、Gradle | | JavaScript | | |
npm | | PHP | 1 | | | | Python | | | | | Ruby | 1 | |
RubyGems | | Scala | 1 | | | | TypeScript | | |
npm |

[1] これらの言語は、サードパーティのアクションによって code scanning でサポートされています。