ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Exporting migration data from your enterprise

To change platforms or move from a trial instance to a production instance, you can export migration data from a GitHub Enterprise Server instance by preparing the instance, locking the repositories, and generating a migration archive.

ここには以下の内容があります:

Preparing the GitHub Enterprise Server source instance

  1. Verify that you are a site administrator on the GitHub Enterprise Server source. The best way to do this is to verify that you can SSH into the instance.

  2. repo及びadmin:orgスコープでアクセストークンを生成してください。 on the GitHub Enterprise Server source instance.

  3. ダウンタイムを最小化するには、ソースインスタンスからエクスポートしたいリポジトリのリストを作成してください。 各行にそれぞれのリポジトリのURLをリストアップしたテキストファイルを使えば、複数のリポジトリをエクスポートに一度に追加できます。

Exporting the GitHub Enterprise Server source repositories

ノート: リポジトリをロックすると、ユーザはそのリポジトリにプッシュしたり、Issue、ラベル、マイルストーン、wiki、コメントといったリポジトリのリソースを修正したりできなくなります。 新しいTeamやコラボレータは、ロックされたリポジトリに関連づけできません。

トライアル実行をしているなら、リポジトリをロックする必要はありません。 そうでない場合は、ロックすることを強くおすすめします。 詳細は「移行について」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server インスタンスにSSHでアクセスしてください。

    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
  2. To prepare a repository for export, use the ghe-migrator add command with the repository's URL:

    • If you're locking the repository, append the command with --lock. If you're performing a trial run, --lock is not needed.
      $ ghe-migrator add https://hostname/username/reponame --lock
    • You can exclude file attachments by appending --exclude_attachments to the command. 添付ファイルは大きくなる場合があり、最終的なマイグレーションアーカイブを不必要に膨らませてしまう場合があります。
    • To prepare multiple repositories at once for export, create a text file listing each repository URL on a separate line, and run the ghe-migrator add command with the -i flag and the path to your text file.
      $ ghe-migrator add -i PATH/TO/YOUR/REPOSITORY_URLS.txt
  3. When prompted, enter your GitHub Enterprise Server username:

    Enter username authorized for migration:  admin
  4. When prompted for a personal access token, enter the access token you created in "Preparing the GitHub Enterprise Server source instance":

    Enter personal access token:  **************
  5. When ghe-migrator add has finished it will print the unique "Migration GUID" that it generated to identify this export as well as a list of the resources that were added to the export. You will use the Migration GUID that it generated in subsequent ghe-migrator add and ghe-migrator export steps to tell ghe-migrator to continue operating on the same export.

    > 101 models added to export
    > Migration GUID: example-migration-guid
    > Number of records in this migration:
    > users                        |  5
    > organizations                |  1
    > repositories                 |  1
    > teams                        |  3
    > protected_branches           |  1
    > pull_request_reviews         |  1
    > milestones                   |  1
    > issues                       |  3
    > pull_requests                |  5
    > pull_request_review_comments |  4
    > commit_comments              |  2
    > issue_comments               | 10
    > issue_events                 | 63
    > releases                     |  3
    > attachments                  |  4
    > projects                     |  2

    Each time you add a new repository with an existing Migration GUID it will update the existing export. If you run ghe-migrator add again without a Migration GUID it will start a new export and generate a new Migration GUID. Do not re-use the Migration GUID generated during an export when you start preparing your migration for import.

  6. If you locked the source repository, you can use the ghe-migrator target_url command to set a custom lock message on the repository page that links to the repository's new location. Pass the source repository URL, the target repository URL, and the Migration GUID from Step 5:

    $ ghe-migrator target_url https://hostname/username/reponame https://target_hostname/target_username/target_reponame -g MIGRATION_GUID
  7. To add more repositories to the same export, use the ghe-migrator add command with the -g flag. You'll pass in the new repository URL and the Migration GUID from Step 5:

    $ ghe-migrator add https://hostname/username/other_reponame -g MIGRATION_GUID --lock
  8. When you've finished adding repositories, generate the migration archive using the ghe-migrator export command with the -g flag and the Migration GUID from Step 5:

    $ ghe-migrator export -g MIGRATION_GUID
    > Archive saved to: /data/github/current/tmp/MIGRATION_GUID.tar.gz
    • マイグレーションファイルをステージングする場所を指定するには、コマンドの末尾に--staging-path=/full/staging/pathを追加してください。 デフォルトは/data/user/tmpです。
  9. Close the connection to GitHub Enterprise Server インスタンス:

    $ exit
    > logout
    > Connection to hostname closed.
  10. Copy the migration archive to your computer using the scp command. The archive file will be named with the Migration GUID:

    $ scp -P 122 admin@hostname:/data/github/current/tmp/MIGRATION_GUID.tar.gz ~/Desktop
  11. アーカイブされたマイグレーションデータを GitHub Enterprise Server のインスタンスにインポートする方法については「GitHub Enterprise Server へのマイグレーションデータのインポート」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください