ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Exporting migration data from GitHub.com

You can export migration data from an organization on GitHub.com by using the API to select repositories to migrate, then generating a migration archive that you can import into a GitHub Enterprise Server instance.

ここには以下の内容があります:

Preparing the source organization on GitHub

  1. Ensure that you have owner permissions on the source organization's repositories.

  2. repo及びadmin:orgスコープでアクセストークンを生成してください。 on GitHub.com.

  3. ダウンタイムを最小化するには、ソースインスタンスからエクスポートしたいリポジトリのリストを作成してください。 各行にそれぞれのリポジトリのURLをリストアップしたテキストファイルを使えば、複数のリポジトリをエクスポートに一度に追加できます。

Exporting the organization's repositories

ノート: フォークの関係は移行のあとまで存続しません。

To export repository data from GitHub.com, use the Migrations API.

The Migrations API is currently in a preview period, which means that the endpoints and parameters may change in the future. To access the Migrations API, you must provide a custom media type in the Accept header: application/vnd.github.wyandotte-preview+json. The examples below include the custom media type.

Generating a migration archive

ノート: リポジトリをロックすると、ユーザはそのリポジトリにプッシュしたり、Issue、ラベル、マイルストーン、wiki、コメントといったリポジトリのリソースを修正したりできなくなります。 新しいTeamやコラボレータは、ロックされたリポジトリに関連づけできません。

トライアル実行をしているなら、リポジトリをロックする必要はありません。 そうでない場合は、ロックすることを強くおすすめします。 詳細は「移行について」を参照してください。

  1. Notify members of your organization that you'll be performing a migration. The export can take several minutes, depending on the number of repositories being exported. The full migration including import may take several hours so we recommend doing a trial run in order to determine how long the full process will take. For more information, see "About Migrations."

  2. Start a migration by POSTing to the migration endpoint. You'll need:

    • Your access token for authentication.
    • A list of the repositories you want to migrate:
      curl -H "Authorization: token GITHUB_ACCESS_TOKEN" -X POST \
      -H "Accept: application/vnd.github.wyandotte-preview+json" \
      -d'{"lock_repositories":true,"repositories":["orgname/reponame", "orgname/reponame"]}' \
      https://api.github.com/orgs/orgname/migrations
    • If you want to lock the repositories before migrating them, make sure lock_repositories is set to true. This is highly recommended.
    • You can exclude file attachments by passing exclude_attachments: true to the endpoint. 添付ファイルは大きくなる場合があり、最終的なマイグレーションアーカイブを不必要に膨らませてしまう場合があります。 The final archive size must be less than 20 GB.

    This request returns a unique id which represents your migration. You'll need it for subsequent calls to the Migrations API.

  3. Send a GET request to the migration status endpoint to fetch the status of a migration. You'll need:

    • Your access token for authentication.
    • The unique id of the migration:
      curl -H "Authorization: token GITHUB_ACCESS_TOKEN" \
      -H "Accept: application/vnd.github.wyandotte-preview+json" \
      https://api.github.com/orgs/orgname/migrations/id

    A migration can be in one of the following states:

    • pending, which means the migration hasn't started yet.
    • exporting, which means the migration is in progress.
    • exported, which means the migration finished successfully.
    • failed, which means the migration failed.
  4. After your migration has exported, download the migration archive by sending a GET request to the migration download endpoint. You'll need:

    • Your access token for authentication.
    • The unique id of the migration:
      curl -H "Accept: application/vnd.github.wyandotte-preview+json" \
      -u GITHUB_USERNAME:GITHUB_ACCESS_TOKEN \
      -L -o migration_archive.tar.gz \
      https://api.github.com/orgs/orgname/migrations/id/archive
  5. The migration archive is automatically deleted after seven days. If you would prefer to delete it sooner, you can send a DELETE request to the migration archive delete endpoint. You'll need:

    • Your access token for authentication.
    • The unique id of the migration:
      curl -H "Authorization: token GITHUB_ACCESS_TOKEN" -X DELETE \
      -H "Accept: application/vnd.github.wyandotte-preview+json" \
      https://api.github.com/orgs/orgname/migrations/id/archive
  6. アーカイブされたマイグレーションデータを GitHub Enterprise Server のインスタンスにインポートする方法については「GitHub Enterprise Server へのマイグレーションデータのインポート」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください