ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

プライベートモードの有効化

プライベートモードでは、GitHub Enterprise Server はインストールにアクセスするすべてのユーザーにサインインを求めます。

Did this doc help you?

GitHub Enterprise Server インスタンスがインターネット経由でパブリックにアクセス可能になっている場合、プライベートモードを有効化しなければなりません。 プライベートモードでは、ユーザはgit://経由でリポジトリを匿名クローンすることはできません。 ビルトイン認証も有効化されている場合、新しいユーザがインスタンスにアカウントを作成するには管理者が招待しなければなりません。 詳しい情報については"ビルトイン認証の利用"を参照してください。

警告:Pull Request や Issue へのコメントに画像添付を追加した場合、その Pull Request がプライベートリポジトリのものであっても、またはプライベートモードが有効化されている場合であっても、匿名化した画像 URL は認証なしに誰もが見ることができます。 機密の画像をプライベートにしておきたい場合は、それらを認証が必要なプライベートなネットワークあるいはサーバーから提供するようにしてください。

プライベートモードを有効にすると、認証されていない Git 操作 (および GitHub Enterprise Server インスタンス へのネットワークアクセス権を所有する人) に、匿名 Git 読み取りアクセスを有効にしたインスタンスで、パブリックリポジトリのコードの読み取りを許可できます。 詳しい情報については管理者にパブリックリポジトリの匿名Git読み取りアクセスの有効化を許可するを参照してください。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. 左のサイドバーでPrivacy(プライバシー)をクリックしてください。
    設定サイドバーのプライバシータブ
  4. Private mode(プライベートモード)を選択してください。
    プライベートモードを有効にするためのチェックボックス
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    設定保存のボタン

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください