ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Enabling private mode

In private mode, GitHub Enterprise Server requires every user to sign in to access the installation.

You must enable private mode if GitHub Enterprise Server インスタンス is publicly accessible over the Internet. In private mode, users cannot anonymously clone repositories over git://. If built-in authentication is also enabled, an administrator must invite new users to create an account on the instance. For more information, see "Using built-in authentication."

警告:Pull Request や Issue へのコメントに画像添付を追加した場合、その Pull Request がプライベートリポジトリのものであっても、またはプライベートモードが有効化されている場合であっても、匿名化した画像 URL は認証なしに誰もが見ることができます。 機密の画像をプライベートにしておきたい場合は、それらを認証が必要なプライベートなネットワークあるいはサーバーから提供するようにしてください。

With private mode enabled, you can allow unauthenticated Git operations (and anyone with network access to GitHub Enterprise Server インスタンス) to read a public repository's code on your instance with anonymous Git read access enabled. For more information, see "Allowing admins to enable anonymous Git read access to public repositories."

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. 左のサイドバーでPrivacy(プライバシー)をクリックしてください。
    設定サイドバーのプライバシータブ
  4. Select Private mode.
    Checkbox for enabling private mode
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    設定保存のボタン

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください