ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

SSHキーの監査

サイト管理者は SSH キーのインスタンス全体に対する監査を始めることができます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

監査が開始されると、現在の SSHキーがすべて無効となります。リポジトリのクローン、プル、プッシュといった操作をするためには、ユーザは SSH キーの承認または拒否をしなければなりません。 監査は、従業員の退職時や請負業者の撤収時など、すべてのキーを検証する必要があるときに役立ちます。

監査を開始する

SSH キーの監査は、サイト管理ダッシュボードの [All users] タブから開始できます。

公開鍵の監査の開始

"Start public key audit(公開鍵の監査の開始)" のボタンをクリックしたら、その後の流れを説明する確認画面に移動します。

監査の確認

[Begin audit] (監査を開始) ボタンをクリックすると、すべての SSH キーは無効となり、承認が必要になります。 監査が始まったことを示す通知が表示されます。

ユーザに対する表示

ユーザがSSH経由で Git のオペレーションを実行した場合は、オペレーションが失敗し、次のメッセージが表示されます。

ERROR: Hi ユーザ名. We're doing an SSH key audit.
Please visit http(s)://hostname/settings/ssh/audit/2
to approve this key so we know it's safe.
Fingerprint: ed:21:60:64:c0:dc:2b:16:0f:54:5f:2b:35:2a:94:91
fatal: The remote end hung up unexpectedly

ユーザがリンクをたどると、アカウントのキーを承認するよう要求されます。

キーの監査

キーを承認または拒否したら、今まで通りリポジトリを使えるようになります。

SSH キーを追加する

新規ユーザは、SSHキーを追加する際にパスワードを要求されます。

パスワードの確認

ユーザがキーを追加したら、次のような通知メールが届きます。

The following SSH key was added to your account:

[title]
ed:21:60:64:c0:dc:2b:16:0f:54:5f:2b:35:2a:94:91

If you believe this key was added in error, you can remove the key and disable access at the following location:

http(s)://HOSTNAME/settings/ssh

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください