ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Log forwarding

GitHub Enterprise uses syslog-ng to forward system and application logs to the server you specify in the Management Console settings.

ここには以下の内容があります:

Any log collection system that supports syslog-style log streams is supported (e.g., Logstash and Splunk).

Enabling log forwarding

  1. On the Management Console settings page, in the left sidebar, click Monitoring.
  2. Select Enable log forwarding.
  3. In the Server address field, type the address of the server to which you want to forward logs. You can specify multiple addresses in a comma-separated list.
  4. In the Protocol drop-down menu, select the protocol to use to communicate with the log server. The protocol will apply to all specified log destinations.
  5. Select Enable TLS.
  6. Click Choose File and choose a CA certificate to encrypt communication between syslog endpoints. The entire certificate chain will be validated, and must terminate in a root certificate. For more information, see TLS options in the syslog-ng documentation.

Troubleshooting

If you run into issues with log forwarding, contact GitHub Enterprise Support または GitHub Premium Support and attach the output file from http(s)://[hostname]/setup/diagnostics to your email.

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください