👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

プッシュログの表示

サイトの管理者は GitHub Enterprise Server インスタンス でのリポジトリに対する Git プッシュ操作の一覧を見ることができます。

ここには以下の内容があります:

プッシュログの項目には次の情報が含まれています。

  • プッシュを開始した人
  • フォースプッシュであったかどうか
  • プッシュされたブランチ
  • プッシュするために使ったプロトコル
  • プッシュ元の IP アドレス
  • プッシュするために使った Git クライアント
  • 操作前と操作後の SHA ハッシュ

リポジトリのプッシュログを表示する

  1. リポジトリにアクセスします。
  2. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  3. ページ右上にある、 Security(セキュリティ) をクリックしてください。
    セキュリティのタブ
  4. 左のサイドバーで、Push Log(プッシュログ) をクリックしてください。
    プッシュログのタブ

コマンドラインでリポジトリのプッシュログを表示する

  1. SSHを使ってアプライアンスに接続してください。 詳しくは、"管理シェル(SSH)へのアクセス方法を参照してください。"
  2. 適切な Git リポジトリで Audit log ファイルを開いてください。
    ghe-repo コードオーナー/リポジトリ -c "less audit_log"

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください