Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

ワークフローでジョブを使用する

ワークフローを使用して複数のジョブを実行します。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

概要

ワークフロー実行は、既定で並列実行される 1 つ以上の jobs で構成されます。 ジョブを順番に実行するには、jobs.<job_id>.needs キーワードを使用して他のジョブへの依存関係を定義できます。

各ジョブは、runs-on で指定されたランナー環境で実行されます。

ワークフローの利用限度内であれば、実行するジョブ数に限度はありません。 詳細情報が必要な場合、GitHub ホステッド ランナーについては「使用制限、支払い、管理」を参照し、セルフホステッド ランナーの使用制限については「セルフホステッド ランナーの概要」を参照してください。

ワークフロー実行で実行されているジョブの一意識別子を見つける必要がある場合は、GitHub Enterprise Server API を使用できます。 詳しくは、「GitHub Actions 用の REST API エンドポイント」を参照してください。

ジョブの ID を設定する

ジョブへの一意の識別子の指定には、jobs.<job_id> を使います。 job_id キーは文字列で、その値はジョブの設定データのマップです。 <job_id> は、jobs オブジェクトに固有の文字列に置き換える必要があります。 <job_id> は文字または _ で始まり、英数字、-、あるいは _ のみを含める必要があります。

例: ジョブを作成する

この例では、job_id 値が my_first_jobmy_second_job の 2 つのジョブが作成されました。

jobs:
  my_first_job:
    name: My first job
  my_second_job:
    name: My second job

ジョブの名前を設定する

GitHub UI に表示されるジョブの名前の設定に jobs.<job_id>.name を使用します。

前提条件のジョブを定義する

jobs.<job_id>.needs を使って、このジョブの実行前に正常に完了する必要があるジョブを示します。 文字列型または文字列の配列です。 ジョブが失敗またはスキップされた場合、そのジョブを必要とするすべてのジョブは、そのジョブが継続する条件式を使っていない限り、スキップされます。 互いに必要とする一連のジョブが実行に含まれている場合、失敗またはスキップの時点から、依存関係チェーン内のすべてのジョブに失敗またはスキップが適用されます。 依存しているジョブが成功しなかった場合でもジョブを実行する場合は、jobs.<job_id>.ifalways() 条件式を使用します。

例: 依存ジョブの成功が必要である

jobs:
  job1:
  job2:
    needs: job1
  job3:
    needs: [job1, job2]

この例では、job1 が正常に完了してから job2 が始まる必要があり、job3 では job1job2 の両方が完了するまで待機します。

つまり、この例のジョブは逐次実行されるということです。

  1. job1
  2. job2
  3. job3

例: 依存ジョブの成功は必要ではない

jobs:
  job1:
  job2:
    needs: job1
  job3:
    if: ${{ always() }}
    needs: [job1, job2]

この例では、job3 では条件式 always() を使っているので、job1job2 が成功したかどうかに関係なく、完了後に常に実行されます。 詳しくは、「」を参照してください。