Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GitHub でホストされるランナーを使用したプライベート ネットワークについて

GitHub ホステッド ランナーをプライベート ネットワーク上のリソース (パッケージ レジストリ、シークレット マネージャー、その他のオンプレミス サービスなど) に接続できます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

GitHub ホステッド ランナーについて

GitHub ホステッド ランナーは、既定でパブリック インターネットにアクセスできます。 ただし、これらのランナーは、パッケージ レジストリ、シークレット マネージャー、その他のオンプレミス サービスなど、プライベート ネットワーク上のリソースにアクセスすることもできます。

GitHub ホステッド ランナーは、すべての GitHub のお客様間で共有されるため、ワークフローの実行中にご自身のランナーだけにプライベート ネットワークを接続する方法が必要になります。 このアクセスを構成するには、異なるいくつかの方法があり、それぞれ異なる利点と欠点があります。

API ゲートウェイと OIDC を使用する

GitHub Actions では、OpenID Connect (OIDC) トークンを使用して、GitHub Actions の外部でワークフローを認証できます。 詳細については、「OIDC とともに API ゲートウェイを使用する」を参照してください。

WireGuard を使用してネットワーク オーバーレイを作成する

API ゲートウェイのための別個のインフラストラクチャを維持することを望まない場合は、両方の場所で WireGuard を実行することで、ランナーとプライベート ネットワーク内のサービスの間にオーバーレイ ネットワークを作成できます。 詳細については、「WireGuard を使用してネットワーク オーバーレイを作成する」を参照してください。