Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

コミットメールアドレスを設定する

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス とコンピューター上でコミットを作成するために使われるメール アドレスを設定できます。

Platform navigation

コミットメールアドレスについて

GitHub は、コミット メール アドレスを使って、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス でのユーザーのアカウントにコミットを関連付けます。 コマンドラインからプッシュするコミットや、WebベースのGit操作に関連づけられるメールアドレスは選択できます。

Web ベースの Git 操作では、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス にコミット用メール アドレスを設定できます。 コマンドラインからプッシュするコミットについては、Git のコミットメールアドレスを設定できます。

GitHub Enterprise Server のコミット メール アドレスを変更すると、新しいメール アドレスは、今後の Web ベースの Git 操作のすべてで既定で表示されます。 コミットメールアドレスを変更する前のコミットは、変更前のメールアドレスに関連付けられたままとなります。

コミットがユーザーに帰属し、ユーザーのコントリビューション グラフに表示されるようにするには、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス でのユーザーのアカウントに接続されているメール アドレスを使います。 詳しくは、「GitHub アカウントへのメールアドレスの追加」を参照してください。

GitHub のコミットメールアドレスを設定する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    Screenshot of a user's account menu on GitHub. The menu item "Settings" is outlined in dark orange.

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、[ メールアドレス] をクリックします。

  3. [メール アドレスの追加] にメール アドレスを入力し、 [追加] をクリックします。

  4. [プライマリ メール アドレス] ドロップダウン メニューで、Web ベースの Git 操作と関連付けるメール アドレスを選びます。

    [メール] 設定ページのスクリーンショット。 [プライマリ メール アドレス] の下には、Octocat のメール アドレスのラベルが付いたドロップダウン メニューがオレンジ色の枠線で囲まれています。

Git のコミットメールアドレスを設定する

git config コマンドを使用して、Git コミットに関連付けるメール アドレスを変更できます。 設定した新しいメール アドレスは、それ以降にコマンド ラインから お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス にプッシュするすべてのコミットで表示されます。 コミットメールアドレスを変更する前のコミットは、まだ過去のメールアドレスに関連付けられます。

コンピュータにあるすべてのリポジトリ用にメールアドレスを設定する

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。

  2. Gitでメールアドレスを設定してください。 任意のメール アドレスを使用できます。

    git config --global user.email "YOUR_EMAIL"
    
  3. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。

    $ git config --global user.email
    email@example.com
    
  4. GitHub Enterprise Server でアカウントにメール アドレスを追加して、コミットが自身に帰属し、自身のコントリビューション グラフに表示されるようにします。 詳しくは、「GitHub アカウントへのメールアドレスの追加」を参照してください。

単一リポジトリ用にメールアドレスを設定する

GitHub Enterprise Server は、ローカル Git 構成で設定されたメール アドレスを使って、コマンド ラインからプッシュされたコミットを お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス のアカウントに関連付けます。

単一のリポジトリで作成するコミットに関連するメールアドレスを変更できます。 これにより、この 1 つのリポジトリのグローバル Git 構成設定がオーバーライドされますが、他のリポジトリには影響しません。

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。

  2. 現在のワーキングディレクトリを Git コミットと関連付けたメールアドレスを設定したいローカルリポジトリに変更します。

  3. Gitでメールアドレスを設定してください。 任意のメール アドレスを使用できます。

    git config user.email "YOUR_EMAIL"
    
  4. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。

    $ git config user.email
    email@example.com
    
  5. GitHub Enterprise Server でアカウントにメール アドレスを追加して、コミットが自身に帰属し、自身のコントリビューション グラフに表示されるようにします。 詳しくは、「GitHub アカウントへのメールアドレスの追加」を参照してください。