Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

ユーザを組織に変換する

個人アカウントを組織に変換できます。 これにより、組織に属するリポジトリに対して、より細かく権限を設定できます。

警告: ユーザーを組織に変換する前に、以下の点にご注意ください。

  • 変換した個人アカウントには、サインインできなくなります
  • 変換した個人アカウントが所有していた gist を作成や変更することができなくなります
  • 組織からユーザーに変換 することはできません
  • SSH キー、OAuth トークン、ジョブ プロフィール、リアクション、関連するユーザー情報は、組織に移譲されません。 これは、変換された個人アカウントのみに該当し、個人アカウントのコラボレーターには該当しません。
  • 変換される個人アカウントにインストールされている GitHub Apps はすべてアンインストールされます。
  • 変換した個人アカウントによるコミットは、アカウントにリンクされなくなります。 コミット自体はそのまま 残ります
  • 変換した個人アカウントによるあらゆる既存のコメントは、アカウントにリンクされなくなります。 コメント自体はそのまま残りますが、ghost ユーザーに関連付けられます。
  • 変換された個人アカウントで作成されたプライベート リポジトリのフォークはすべて削除されます。
  • 組織はリポジトリをスターできないため、スター付きリポジトリの元のリストにアクセスできなくなります。
  • ユーザー アカウントからフォローしていたユーザーのリストにアクセスできなくなります。
  • ユーザー アカウントのフォロワーは、新しい組織を自動的にフォローしません。
  • プロジェクトの既存のコラボレーターは、新しい組織のプロジェクトに引き続きアクセスできます。

個人アカウントを保ち、新しい組織を手動で作成する

組織の名前を、個人アカウントが使用しているものと同じにしたい場合や、個人のアカウント情報をそのまま残しておきたい場合は、個人アカウントを組織に変換するのではなく、新しい組織を作成して、そこへリポジトリを移譲する必要があります。

  1. 現在の個人アカウント名を個人的に使いたい場合は、個人アカウント名を変更し、新しくて素敵な名前を付けましょう。
  2. 個人アカウントの元の名前で新しい組織を作成します。
  3. 新しい組織アカウントにリポジトリを転送します

個人アカウントを組織に自動で変換する

個人アカウントを組織に直接変換することも可能です。 アカウントを変換すると、以下のことが起こります:

  • リポジトリはそのまま保持されます。他のアカウントに手動で移譲する必要はありません。
  • コラボレーターを、以前と同じアクセス許可でチームに自動的に招待します

ユーザー アカウントを組織に変換すると、そのアカウントに属しているリポジトリのコラボレーターは、新しい組織に外部コラボレーターとして追加されます。 希望する場合は、外部コラボレーター を招待して新しい組織のメンバーにすることができます。 詳しくは、「Organizationのロール」を参照してください。

  1. GitHub にサインインし、変換後に組織やリポジトリにアクセスするために使う、新しい個人アカウントを作成します。

  2. 変換する個人アカウントが参加している組織は、そのままにしておきます

  3. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    Screenshot of a user's account menu on GitHub. The menu item "Settings" is outlined in dark orange.

  4. サイドバーの [アクセス] セクションで、[ 組織] をクリックします。

  5. [アカウントの変換] セクションで、 [<ユーザー名> を組織に変換する] をクリックします。

  6. 警告を確認してから、 [<ユーザー名> を組織に変換する] をクリックします。

  7. [組織の所有者を選択する] で、組織を管理するために、前のセクションで作成したセカンダリ個人アカウントまたは信頼できる別のユーザーを選びます。

  8. 入力を求められたら、新しい組織のサブスクリプションを選び、請求情報を入力します。

  9. [組織の作成] をクリックします。

  10. 前に作成した、新しい個人アカウントにサインインし、コンテキスト スイッチャーを使って新しい組織にアクセスします。

参考資料