Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

インボックスからの通知を管理する

インボックスを使って、メールとモバイルで通知をすばやくトリアージして同期します。

インボックスについて

GitHub及びGitHub Mobile上で通知インボックスを使うには、通知設定でWeb及びモバイル通知を有効化しなければなりません。詳しくは、「通知を設定する」をご覧ください。

インボックスへアクセスするには、任意のページの右上で、 をクリックします。

受信トレイには、サブスクライブ解除していない、または [完了] としてマークしていないすべての通知が表示されます。 フィルターを使用してワークフローに最適な受信トレイをカスタマイズしたり、すべての通知を表示したり、未読の通知だけを表示したり、通知をグループ化して簡単に概要を確認したりできます。

デフォルトでは、インボックスに既読と未読の通知が表示されます。 未読の通知のみを表示するには、 [未読] をクリックするか、is:unread クエリを使用します。

トリアージオプション

インボックスからの通知をトリアージする場合のオプションは次のとおりです。

トリアージオプション説明
保存後で確認するために、通知を保存します。 通知を保存するには、通知の右側にある をクリックします。

保存された通知は無期限に保持され、サイド バーで [保存済み] をクリックするか、または is:saved クエリを使用して表示できます。 5か月以上前に保存した通知の保存を解除すると、通知は1日以内にインボックスから消えます。
完了通知を完了済としてマークし、受信トレイから通知を削除します。 完了した通知をすべて表示するには、サイド バーで [完了] をクリックするか、または is:done クエリを使用します。 [完了] としてマークされた通知は、5 か月間保存されます。
サブスクライブ解除@mentioned されるか、参加している Team が @mentioned されるか、またはレビューが要求されるまで、受信トレイから通知を自動的に削除し、会話からサブスクライブ解除します。
Read通知を既読としてマークします。 受信トレイで既読の通知のみを表示するには、is:read クエリを使用します。 このクエリには、 [完了] としてマークされている通知は含まれません。
Unread通知を未読としてマークします。 受信トレイで未読の通知のみを表示するには、is:unread クエリを使用します。

使用できるキーボード ショートカットについては、「キーボード ショートカット」をご覧ください。

トリアージオプションを選択する前に、まず通知の詳細をプレビューして調査することができます。 詳しくは、「単一の通知をトリアージする」を参照してください。

複数の通知を同時にトリアージする

複数の通知を同時にトリアージするには、関連する通知を選択し、 ドロップダウンを使用してトリアージ オプションを選択します。

[通知] ページのスクリーンショット。 ドロップダウン メニューがオレンジ色の枠線で強調されています。

デフォルト通知フィルタ

既定では、受信トレイには、割り当てられたとき、スレッドに参加したとき、Pull Request のレビューを要求されたとき、ユーザー名が直接 @mentioned されたとき、またはメンバーになっている Team が @mentioned されたときのフィルターがあります。

カスタムフィルタでインボックスをカスタマイズする

独自のカスタムフィルタを 15 個まで追加できます。

  1. 任意のページの右上隅で をクリックします。

    GitHub のヘッダーの右隅のスクリーンショット。 受信トレイ アイコンには、未読の通知があることを示す青い点があります。

  2. フィルター設定を開くには、左側のサイドバーの [フィルター] の横にある をクリックします。

    ヒント: 受信トレイ ビューでクエリを作成し、 [保存] をクリックすると、カスタム フィルターの設定が開き、フィルターの受信トレイの結果をすばやくプレビューできます。

  3. フィルタの名前とフィルタクエリを追加します。 たとえば、特定のリポジトリの通知のみを表示するには、クエリ repo:octocat/open-source-project-name reason:participatingを使用してフィルターを作成します。 ネイティブの絵文字キーボードを使用して、絵文字を追加することもできます。 サポートされている検索クエリの一覧については、「カスタム フィルターでサポートされているクエリ」を参照してください。

    通知フィルターを示すスクリーンショット。 名前とフィルター クエリの例が入力された 2 つの入力フィールドが、オレンジ色の枠線で強調されています。

  4. Create をクリックしてください。

カスタムフィルタの制限

カスタムフィルタは現在、以下をサポートしていません。

  • プルリクエストや Issue のタイトルの検索を含む、インボックスでの全文検索。
  • is:issueis:pr、および is:pull-request クエリ フィルターの区別。 これらのクエリは、Issue とプルリクエストの両方を検索結果として表示します。
  • 15 個以上のカスタムフィルタの作成。
  • デフォルトのフィルタまたはその順序の変更。
  • NOT または -QUALIFIER を使用した除外の検索。

カスタムフィルタでサポートされているクエリ

使用できるフィルタの種類は次のとおりです。

  • リポジトリによるフィルター (repo: を使用)
  • ディスカッションの種類によるフィルター (is: を使用)
  • 通知理由によるフィルター (reason: を使用)

サポートされている repo: クエリ

repo: フィルターを追加するには、リポジトリの所有者をクエリに含める必要があります: repo:owner/repository。 オーナーは、通知をトリガーする GitHub アセットを所有する Organization またはユーザです。 たとえば、repo:octo-org/octo-repo は、Organization 内の octo-repo リポジトリでトリガーされた通知を表示します。

サポートされている is: クエリ

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で特定のアクティビティについて通知をフィルター処理するには、is クエリを使います。 たとえば、リポジトリ招待の更新のみを表示するには is:repository-invitation を使用します。Dependabot alerts のみを表示するには、is:repository-vulnerability-alert を使用します。

  • is:check-suite
  • is:commit
  • is:gist
  • is:issue-or-pull-request
  • is:release
  • is:repository-invitation
  • is:repository-vulnerability-alert
  • is:team-discussion

Dependabot alerts の通知からノイズを減らす方法については、「Dependabot アラートの通知を構成する」をご覧ください。

is: クエリを使用して、通知がトリアージされた方法を記述することもできます。

  • is:saved
  • is:done
  • is:unread
  • is:read

サポートされている reason: クエリ

更新を受信した理由で通知をフィルター処理するには、reason: クエリを使用します。 たとえば、自分 (または自分が所属する Team) が Pull Request のレビューを要求されたときに通知を表示するには、reason:review-requested を使用します。 詳しくは、「通知について」を参照してください。

クエリ説明
reason:assign割り当てられている Issue またはプルリクエストに更新があるとき。
reason:authorプルリクエストまたは Issue を開くと、更新または新しいコメントがあったとき。
reason:commentissue、pull request、またはチーム ディスカッションについてコメントを付けた場合。
reason:participatingissue、pull request、またはチーム ディスカッションにコメントを付けた場合、または @mentioned された場合。
reason:invitationTeam、Organization、またはリポジトリに招待されたとき。
reason:manualまだサブスクライブしていない Issue または Pull Request で [サブスクライブ] をクリックしたとき。
reason:mention直接 @mentioned されたとき。
reason:review-requested自分または自分が参加している Team が、プルリクエストのレビューをリクエストされたとき。
reason:security-alertリポジトリに対してセキュリティアラートが発行されたとき。
reason:state-changeプルリクエストまたは Issue の状態が変更されたとき。 たとえば、Issue がクローズされたり、プルリクエストがマージされた場合です。
reason:team-mentionメンバーになっている Team が @mentioned されたとき。
reason:ci-activityリポジトリに、新しいワークフロー実行ステータスなどの CI 更新があるとき。

Dependabotカスタムフィルタ

Dependabot を使って依存関係を最新の状態に保つには、次のカスタム フィルターを使って保存します。

  • is:repository_vulnerability_alert: Dependabot alertsの通知を表示します。
  • reason:security_alert: Dependabot alertsとセキュリティ更新プログラムの Pull Request の通知を表示します。
  • author:app/dependabot: Dependabot によって生成される通知を表示します。 これには、Dependabot alerts、セキュリティアップデートのプルリクエスト、およびバージョン更新のプルリクエストが含まれます。

Dependabot について詳しくは、「Dependabot アラートについて」をご覧ください。