Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

コラボレーターを個人リポジトリに招待する

個人リポジトリに、招待して追加できます。

個人リポジトリでのコラボレーションについて

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス の個人アカウントに属するリポジトリ内のユーザーとコラボレーションするために、コラボレーターとしてユーザーを招待できます。

リポジトリへのより詳細なアクセス権を付与する場合は、Organization 内にリポジトリを作成できます。 詳しくは、「GitHub 上のアクセス権限」を参照してください。

プライベート フォークは、上流リポジトリのアクセス許可構造を継承します。 これは、プライベートリポジトリのオーナーがコードに対するコントロールを管理するための役に立ちます。 たとえば、上流リポジトリがプライベートで読み取り/書き込みアクセスをあるTeamに与えているなら、そのチームはプライベートの上流リポジトリのすべてのフォークに読み取り/書き込みアクセスを持つことになります。 (個人のアクセス許可ではなく) チームのアクセス許可のみが、プライベート フォークによって継承されます。

注: 組織の基本アクセス許可を変更しても、プライベート フォークのアクセス許可は自動的に更新されません。 詳細については、「Organization の基本レベルの権限の設定」を参照してください。

コラボレーターを個人リポジトリに招待する

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス のユーザー に にリポジトリでコラボレーションするための招待状を直接送信できます。

  1. コラボレーターとして招待する人のユーザー名を確認してください。1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、リポジトリのメイン ページへ移動します。1. リポジトリ名の下にある [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。

    タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ コラボレーター] をクリックします。

  3. [ユーザーの追加] をクリックします。

  4. 検索フィールドで、招待する人の名前を入力し、一致するリストの名前をクリックします。

  5. [REPOSITORY に NAME を追加] をクリックします。

参考資料