Skip to main content

ストレージ容量の増加

Gitリポジトリ、データベース、検索インデックス、その他の恒久的なアプリケーションデータに利用できるストレージの量は、追加あるいは変更できます。

警告: 新しいシステム リソースを割り当てるプロセスは、仮想化プラットフォームとリソースの種類によって異なります。 重要なシステムリソースのモニタリングとアラートは、必ず設定しておいてください。 詳細については、「GitHub Enterprise Server アプライアンスの監視」を参照してください。

your GitHub Enterprise Server instanceに参加するユーザーが増えるにつれて、ストレージ ボリュームのサイズを変更する必要があるかもしれません。 ストレージのリサイズに関する情報については、使用している仮想化プラットフォームのドキュメンテーションを参照してください。

要件と推奨事項

注: ストレージ ボリュームのサイズを変更する前に、インスタンスをメンテナンス モードにします。指定した IP アドレスからのアクセスを許可するように IP 例外リストを構成することで、変更を検証できます。 詳しい情報については、「メンテナンス モードの有効化とスケジューリング」を参照してください。

最小要件

ユーザー ライセンスvCPU 数メモリストレージの接続ルート ストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ432 GB150 GB200 GB
10-3000848 GB300 GB200 GB
3000-50001264 GB500 GB200 GB
5000-80001696 GB750 GB200 GB
8000-10000+20160 GB1000 GB200 GB

データパーティションサイズの増加

  1. 仮想化プラットフォームのツールを使用して、既存のユーザーボリュームのディスクのサイズを変更します。

  2. your GitHub Enterprise Server instance に SSH でアクセスします。 インスタンスが複数のノードで構成されている場合は (高可用性や geo レプリケーションが構成されている場合など)、プライマリ ノードに SSH 接続します。 クラスターを使用する場合は、任意のノードに SSH 接続できます。 SSH 接続について詳しくは、「管理シェル (SSH) にアクセスする」をご覧ください。

    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
  3. アプライアンスをメンテナンスモードにしてください。 詳細については、「メンテナンスモードの有効化とスケジューリング」を参照してください。

  4. アプライアンスを再起動して、新しいストレージ割り当てを検出します。

    $ sudo reboot
  5. ghe-storage-extend コマンドを実行して、/data/user ファイル システムを拡張します。

    $ ghe-storage-extend

新しいアプライアンスを使用したルートパーティションサイズの増加

  1. 現在のアプライアンスと同じバージョンを使用して、より大きなルートディスクで新たな GitHub Enterprise Server をセットアップします。 詳細については、「GitHub Enterprise Server インスタンスをセットアップする」を参照してください。
  2. 現在のアプライアンスをシャットダウンします。
    $ sudo poweroff
  3. 使用している仮想化プラットフォームのツールを使い、現在のアプライアンスからデータディスクをデタッチします。
  4. 大きなルートディスクを持つ新しいアプライアンスにデータディスクをアタッチします。

既存のアプライアンスを使用したルートパーティションサイズの増加

警告: ルート パーティション サイズを拡張するには、インスタンスをメンテナンス モードにする必要があります。 詳細については、「メンテナンスモードの有効化とスケジューリング」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server アプライアンスに新しいディスクを取り付けます。

  2. 新しいディスクのデバイス名を確認するには、lsblk コマンドを実行します。

  3. ディスクをフォーマットするには、parted コマンドを実行します。/dev/xvdg を自分のデバイス名に置き換えます。

    $ sudo parted /dev/xvdg mklabel msdos
    $ sudo parted /dev/xvdg mkpart primary ext4 0% 50%
    $ sudo parted /dev/xvdg mkpart primary ext4 50% 100%
  4. レプリケーションを停止するには、ghe-repl-stop コマンドを実行します。

    $ ghe-repl-stop
  5. ghe-upgrade コマンドを実行して、プラットフォーム固有の完全なパッケージを新しくパーティション分割されたディスクにインストールします。 github-enterprise-2.11.9.hpkg などのユニバーサル ホットパッチ アップグレード パッケージは想定どおりに動作しません。 ghe-upgrade コマンドが完了すると、アプリケーション サービスは自動的に終了します。

    $ ghe-upgrade PACKAGE-NAME.pkg -s -t /dev/xvdg1
  6. アプライアンスをシャットダウンします。

    $ sudo poweroff
  7. ハイパーバイザーで、古いルートディスクを取り外し、古いルートディスクと同じ場所に新しいルートディスクを取り付けます。

  8. アプライアンスを起動します。

  9. システム サービスが正しく機能していることを確認してから、メンテナンス モードを終了します。 詳細については、「メンテナンスモードの有効化とスケジューリング」を参照してください。

アプライアンスが高可用性または geo レプリケーション用に構成されている場合は、すべてのノードのストレージがアップグレードされた後で、ghe-repl-start を使用して各レプリカ ノードでレプリケーションを開始してください。