Skip to main content

自動アップデートチェックの有効化

自動アップデートを有効にすると、your GitHub Enterprise Server instance によって、最新の GitHub Enterprise Server リリースの確認とダウンロードが行われます。

your GitHub Enterprise Server instanceのアップグレードパッケージが自動的にダウンロードされると、GitHub Enterprise Server をアップグレードできることを知らせるメッセージが送信されます。 パッケージは your GitHub Enterprise Server instanceの /var/lib/ghe-updates ディレクトリにダウンロードされます。 詳細については、「GitHub Enterprise Server をアップグレードする」を参照してください。

アップグレードにホットパッチを使用できる場合は、.hpkg が自動的にダウンロードされます。 管理コンソールでは、ホットパッチを直ちにインストールするか、後でインストールするようにスケジュール設定するかを選択できます。 詳細については、「ホットパッチでのアップグレード」を参照してください。

ヒント: 自動更新チェックを有効にするには、your GitHub Enterprise Server instanceから https://github-enterprise.s3.amazonaws.com に接続できる必要があります。

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅の をクリックします。

    サイト管理者設定にアクセスするための宇宙船アイコンのスクリーンショット

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

    [サイト管理者] リンクのスクリーンショット 1. 左側のサイドバーで、 [Management Console] をクリックします。 左側のサイドバーの [[Management Console]] タブ 1. [Management Console] の上部にある [更新] をクリックします。 [更新] メニュー項目

  3. [更新を自動的に確認] をクリックします。 自動更新を有効にするためのボタン 1. 左側のサイドバーで、 [設定の保存] をクリックします。

    [Management Console] の [設定の保存] ボタンのスクリーンショット

    注: [Management Console] に設定を保存すると、システム サービスが再起動され、ユーザーに表示されるダウンタイムが発生する可能性があります。

  4. 設定の実行が完了するのを待ってください。

    インスタンスの設定

インスタンスが最新の状態になっているかを知るには、Updatesタブのバナーを調べてください。

GitHub Enterprise Server のリリースを示すバナー

[ログ] で、最新の更新チェックの状態を確認できます。

アップデートのログ