Skip to main content

クラスタリングの設定

クラスタリングについて、そしてHigh Availabilityとの差異にについて学んでください。
  • クラスタリングについて

    GitHub Enterprise Server クラスタリングを利用することで、GitHub Enterprise Server を構成するサービス群を複数のノードにまたがってスケールアウトできるようになります。

  • クラスタリングと High Availability (HA) の違い

    GitHub Enterprise Server High Availability (HA) は冗長性を提供するプライマリ/セカンダリフェイルオーバー構成ですが、クラスタリングは読み書きの負荷を複数のノードに分散させることによって冗長性とスケーラビリティを提供します。

  • クラスタノードについて

    "ノード" は、クラスター内で動作する GitHub Enterprise Server インスタンスです。 ぞれぞれのノードは、クラスターに提供される (最終的にはユーザーに提供される) 一連のサービスを実行します。

  • クラスタのネットワーク設定

    GitHub Enterprise Server クラスタリングが適切に動作するためには、DNS の名前解決、ロードバランシング、ノード間の通信が適切に行われなければなりません。

  • クラスタの初期化

    GitHub Enterprise Server クラスタはライセンスを使用して設定し、管理シェル (SSH) を使用して初期化する必要があります。

  • クラスタのアップグレード

    管理シェル (SSH) を使用して GitHub Enterprise Serverクラスタを最新のリリースにアップグレードします。

  • クラスタノードのモニタリング

    GitHub Enterprise Server クラスタは、2 つ以上のノードに分散された冗長サービスで構成されています。 もしも個々のサービスまたは1つのノード全体に障害があっても、それがクラスタのユーザに即座に見えることはありません。 ただし、パフォーマンスと冗長性が影響を受けるため、GitHub Enterprise Server クラスタの健全性を監視することが重要です。

  • クラスタノードの入れ替え

    GitHub Enterprise Server ノードを入れ替えるには、クラスター設定ファイル (cluster.conf) 内で対象となるノードをオフラインとしてマークし、入れ替えるノードを追加しなければなりません。 ノードに障害があった場合、あるいはパフォーマンスを高めるためにリソースの多いノードを追加する場合、この作業が必要になることがあります。

  • クラスタノードからの待避

    データサービスをクラスタノードから待避させることができます。

  • クラスタの High Availability レプリケーションを設定する

    GitHub Enterprise Server クラスタ全体のパッシブレプリカを別の場所に設定することで、クラスタを冗長ノードにフェイルオーバーできるようにします。

  • レプリカクラスタへのフェイルオーバーの開始

    GitHub Enterprise Server クラスタに障害が発生した場合は、パッシブレプリカにフェイルオーバーできます。