Skip to main content

Enterprise のユーザを管理する

ユーザアクティビティを監査し、ユーザ設定を管理できます。
  • Enterprise におけるロール

    Enterprise 内の全員が Enterprise のメンバーです。 Enterprise の設定とデータへのアクセスを制御するために、Enterprise のメンバーにさまざまなロールを割り当てることができます。

  • ユーザセキュリティのベストプラクティス

    サイト管理者が実装できるインスタンスレベルのセキュリティ対策 (SSL、サブドメイン分離、ファイアウォールの構成) 以外に、エンタープライズを保護するためにユーザーが実行できるステップがあります。

  • Enterprise を管理するようユーザを招待する

    Enterprise 所有者Enterprise 所有者を Enterprise アカウントに追加します。 Enterprise アカウントにアクセスする必要がなくなった Enterprise 所有者を削除することもできます。

  • サイト管理者の昇格あるいは降格

    サイト管理者は、任意の通常ユーザアカウントをサイト管理者に昇格させることや、他のサイト管理者を通常のユーザに降格させることができます。

  • Viewing people in your enterprise

    To audit access to enterprise-owned resources or user license usage, enterprise owners can view every administrator and member of the enterprise.

  • Enterprise にわたるユーザの監査

    監査ログ ダッシュボードでは、サイト管理者に、現在の月および過去 6 か月間に、Enterprise 全体で、すべてのユーザーと Organization によって実行されたアクションが表示されます。 監査ログには、誰がいつ何のアクションを実行したかなどの詳細が含まれます。

  • ユーザーの偽装

    トラブルシューティング、ブロック解除、その他の正当な理由のために、ユーザーを偽装し、ユーザーに代わってアクションを実行できます。

  • 休眠ユーザの管理

    既定では ユーザー アカウントは、90 日間アクティブになっていない場合は休止状態と見なされます。 ユーザーが休止状態と見なされるために非アクティブである必要がある時間の長さを構成し、休止中のユーザーを一時停止してユーザー ライセンスを解放することを選択できます。

  • ユーザーのサスペンドとサスペンドの解除

    ユーザーが企業を離れたり異動したりした場合には、your GitHub Enterprise Server instance に対するそのユーザーのアクセス権を削除したり変更したりしなければなりません。

  • ユーザあるいはOrganizationへの訴訟ホールドの配置

    ユーザまたは Organization を法的に保留して、それらが所有するリポジトリを Enterprise から完全に削除できないようにすることができます。

  • SSHキーの監査

    サイト管理者は SSH キーのインスタンス全体に対する監査を始めることができます。

  • Enterprise のユーザメッセージをカスタマイズする

    your GitHub Enterprise Server instance でユーザに表示されるカスタムメッセージを作成できます。

  • コントリビューションデータの再構築

    既存のコミットをユーザアカウントにリンクするために、コントリビューションデータの再構築が必要になることがあります。