Skip to main content

アプライアンスを監視する

your GitHub Enterprise Server instance の使用が時間とともに増加するにつれて、CPU、メモリ、ストレージなどのシステム リソースの利用率も増加します。 アプリケーションのパフォーマンスや可用性にマイナスの影響を及ぼすほど重大になる前に潜在的な問題に気づけるよう、モニタリングやアラートを設定することができます。
  • モニターダッシュボードへのアクセス

    GitHub Enterprise Server には、CPU やストレージの使用状況、アプリケーションや認証の応答時間、一般的なシステム健全性など、GitHub Enterprise Server アプライアンスに関する履歴データを表示する Web ベースのモニタリングダッシュボードが搭載されています。

  • アラートの推奨閾値

    GitHub Enterprise Server アプライアンスのパフォーマンスに影響を与える前に、システムリソースの問題を通知するようにアラートを設定できます。

  • 外部モニタリングのセットアップ

    SNMP または collectd のいずれかの統計収集プロトコルを使用すれば、GitHub Enterprise Server アプライアンスで基本的なシステムリソースを監視できます。

  • collectd のコンフィグレーション

    GitHub Enterprise では、collectd でデータを収集し、外部の collectd サーバーに送信することができます。 CPU の使用率やメモリーとディスクの消費、ネットワークインタフェーストラフィックとエラー、仮想マシンの全体的な負荷などのデータを収集しています。

  • SNMP での監視

    GitHub Enterpriseは、SNMP経由でディスクの使用や CPU の使用率、メモリーの使用などのデータを提供します。

  • システム ログについて

    GitHub Enterprise Server は、システム イベントのエラーとメッセージのログを保持しています。 ログは、ユーザー、アプリケーション、システムレベルのアクションと例外を識別するのに役立ちます。

  • 企業に関する正常性チェックの生成

    正常性チェックを生成することで、your GitHub Enterprise Server instance の全般的な正常性と Git および API 要求に関する分析情報を得ることができます。