Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

DNSネームサーバの設定

GitHub Enterprise Server は、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) のリースがネームサーバーを提供するときに、DNS 設定に対して DHCP を使用します。 ネームサーバがDHCPのリースで提供されない場合、あるいは特定のDNS設定を使う必要がある場合は、手動でネームサーバを指定できます。

指定するネームサーバは、your GitHub Enterprise Server instanceのホスト名を解決できなければなりません。

警告: 初期設定後はGitHub Enterprise Serverのホスト名を変更しないでください。 ホスト名を変更すると、インスタンスの停止に及ぶ予想外の動作が生じます。

仮想マシンのコンソールを使ったネームサーバの設定

  1. 仮想化プラットフォームツールを利用して、仮想マシンのコンソールを開いてください。 GitHub Enterpriseコンソール
  2. ネットワークのセットアップを開始するには、Sを押してください。
  3. インスタンスに対してネームサーバーを設定します。
  4. 設定を完了するには、Dを押してください。

管理シェルを使ったネームサーバの設定

  1. your GitHub Enterprise Server instanceにSSHでアクセスしてください。 詳しい情報については「管理シェル(SSH)にアクセスする」を参照してください。

    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
  2. ネームサーバーを編集するには、次を入力します:

    sudo vim /etc/resolvconf/resolv.conf.d/head
    **Note**: The 127.0.0.1 entry is required to be the first entry in the list. Do not remove the 127.0.0.1 entry, add another entry above the 127.0.0.1 entry, or use options that affect the ordering of entries, such as "options rotate".
  3. nameserver エントリを追加し、続いてファイルを保存します。

  4. 変更を確認したら、ファイルを保存します。

  5. To add your new nameserver entries to your GitHub Enterprise Server instance, run the following:

    sudo service resolvconf restart
    sudo service dnsmasq restart