Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Enforcing policies for Advanced Security in your enterprise

You can enforce policies to manage GitHub Advanced Security features within your enterprise's organizations, or allow policies to be set in each organization.

Enterprise owners can enforce policies for GitHub Advanced Security in an enterprise.

GitHub Advanced Security is available for enterprise accounts on GitHub Enterprise Cloud and GitHub Enterprise Server 3.0 or higher. For more information about upgrading your GitHub Enterprise Server instance, see "About upgrades to new releases" and refer to the Upgrade assistant to find the upgrade path from your current release version.

About policies for GitHub Advanced Security in your enterprise

GitHub Advanced Securityは、開発者がコードのセキュリティ及び品質を改善し、維持するための役に立ちます。 詳しい情報については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。 詳しい情報については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

If you purchase a license for GitHub Advanced Security, any organization on GitHub Enterprise Serverインスタンス can use Advanced Security features. You can enforce policies to control how members of your enterprise on GitHub Enterprise Server use Advanced Security.

Enforcing a policy for the use of GitHub Advanced Security in your enterprise

GitHubはAdvanced Securityに対してコミッター単位で課金します。 詳しい情報については「EnterpriseのGitHub Advanced Securityの管理」を参照してください。

リポジトリ管理者がOrganizationのリポジトリでAdvanced Securityの機能を有効化できるようにするかをコントロールするポリシーを適用できます。 Enterpriseアカウントが所有するすべてのOrganizationに対して、あるいは選択した個々のOrganizationに対してポリシーを設定できます。

Organizationに対してAdvanced Securityを不許可にすれば、リポジトリ管理者が追加のリポジトリでAdvanced Securityの機能を有効化できないようにすることができますが、そうしても機能がすでに有効化されていたリポジトリでは機能は無効化されません。 Advanced Security機能の設定に関する詳しい情報については「Organizationのセキュリティ及び分析の設定管理」あるいは「リポジトリのセキュリティ及び分析の設定管理」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてEnterprise settings(Enterpriseの設定)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Serverのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Enterprise settings"

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  3. Policies(ポリシー)の下で、"Advanced Security"をクリックしてください。 サイドバー内の"Advanced Security" ポリシー

  4. "GitHub Advanced Security"の下で、ドロップダウンメニューを選択し、Enterpriseが所有するOrganizationのためのポリシーをクリックしてください。 Enterpriseアカウント中のOrganizationに対するAdvanced Securityポリシーを選択するドロップダウン

  5. あるいは、Allow for selected organizations(選択したOrganizationに対して許可)を選択した場合、Organizationの右でドロップダウンメニューを選択し、OrganizationについてAdvanced Securityを許可もしくは非許可してください。 Enterpriseアカウント中の個々のOrganizationについてAdvanced Securityポリシーを選択するドロップダウン