Skip to main content

オープンソースコントリビューターに対するスポンサー

あなたが頼りにしているオープンソースプロジェクトを設計、作成、維持する開発者または Organization に対して、毎月定期的に支払いをすることができます。

Who can use this feature

Anyone can sponsor accounts on behalf of their own personal account. Organization owners and billing managers can sponsor accounts on behalf of their organization.

メモ: Organization の代わりにスポンサーするは現在ベータ版であり、変更される可能性があります。

スポンサーシップについて

スポンサー付き開発者プロファイルまたはスポンサー付き組織プロファイルがある対象者は、自分の個人用アカウントや組織に代わってスポンサーになれます。 スポンサードアカウントが設定した1回あるいは月次の支払い額やメリットを持つ複数のスポンサーシップ層から選択することができます。 スポンサーシップは、既存の請求日、支払い方法、領収書を共有します。

個人アカウントの代わりにアカウントをスポンサーし、個人的に利益を得るプロジェクトに投資することができます。 Organization に代わってアカウントをスポンサーできますが、それには多くの理由があります。

  • Organization の作業が依存する特定のライブラリを維持する
  • Organization として依存しているエコシステム (ブロックチェーンなど) に投資する
  • オープンソースを大切にする Organization としてブランド認知度を確立する
  • Organization が提供する製品を補完するライブラリを構築しているオープンソース開発者に感謝する

GitHub でアカウントをスポンサーするときは、クレジットカードを使用できます。 Organization が請求書による支払いを希望する場合は、「請求書による GitHub Sponsors への支払い」を参照してください。

GitHub Sponsors は個人アカウントからスポンサーシップの費用を請求しないので、これらのスポンサーシップの 100% がスポンサー付きの開発者あるいは組織に渡ります。 ベータの期間中、このOrganizationからのスポンサーシップの10%は免除されます。 詳細については、「GitHub Sponsors の支払いついて」を参照してください。

クレジットカードを使用してアカウントをスポンサーすると、その変更は直ちに有効になります。 個人アカウントに代わって月額のスポンサーシップを開始すると、次回の通常の支払日までの日割りの額がすぐに請求されます。 Organizationに代わってスポンサーを行っている場合、日割りの額を支払うか、月額全体を支払うかを選択できます。

特定の限定的な税情報は、スポンサー アカウントと共有される場合があります。 詳細については、「税情報」を参照してください。

Organizationがスポンサーするアカウントからの更新を受信するメールアドレスを指定できます。 詳細については、「Organization のスポンサー アカウントからの更新を管理する」を参照してください。

スポンサーシップを一般公開するかどうかを選択できます。 1 回限りのスポンサーシップは 1 か月間表示されます。

スポンサードアカウントがあなたのスポンサー層を廃止した場合、あなたが別の層を選択するか、プランをキャンセルするまで、あなたはその層にそのままとどまります。 詳細については、「スポンサーシップをアップグレードする」と「スポンサーシップをダウングレードする」を参照してください。

スポンサーしたいアカウントが GitHub Sponsors にプロフィールを持っていない場合は、アカウント参加を推奨できます。 詳しい情報については、「個人アカウントに GitHub Sponsors を設定する」および「組織の GitHub Sponsors を設定する」を参照してください。

スポンサーシップは一般に課税控除の対象になりませんが、そうなることもあります。 スポンサーに対して、その寄付が501(c)(3)のような非課税事業体に対して成されたものなのか、そしてそのスポンサーシップが課税控除の対象になりうるのかを知らせるのは、GitHubではなくスポンサードオープンソースコントリビューターの役割です。

注: GitHub は、開発者の発言について責任を負いません。また、GitHub はスポンサー付きオープン ソース プロジェクトについて何の保証もしません。 請求の責任は、資金を受ける開発者のみにあります。 スポンサーシップを提供する前に、信頼できる人かどうか確認してください。 詳細については、「GitHub Sponsors に関する追加条項」を参照してください。

税情報

スポンサーになったユーザーは、スポンサー プログラムの開始以降、アカウントへのスポンサーシップ支払いに関する以下の限定的な情報が、自分の支援している各アカウントの所有者に開示される可能性があることを認めたことになります。

  • トランザクション日時
  • 支払額
  • 支払いが行われた国、州、および都道府県
  • 支払いを行ったのが企業か個人か

これらの情報は、スポンサーシップ支払いによって生じる税の支払いと報告を行うために必要です。

アカウントをスポンサーする

アカウントをスポンサーするには、認証済みメールアドレスが必要です。 詳細については、「メール アドレスの確認」を参照してください。

  1. GitHub で、スポンサーするユーザーまたは Organization のプロフィールに移動します。
  2. アカウントのスポンサーシップダッシュボードに移動します。
    • 開発者のスポンサーになるには、開発者の名前の下にある [スポンサー] をクリックします。 [スポンサー] ボタン
    • Organization のスポンサーになる場合は、Organization 名の右の [スポンサー] をクリックします。 [スポンサー] ボタン
  3. 必要に応じて、Organization の代理としてアカウントのスポンサーになるには、ページの右側の [スポンサー代理] ドロップダウン メニューを使用して、Organization をクリックします。 スポンサー代理となるアカウントを選択するドロップダウン メニュー 1. 目的の層の右側の [選択] をクリックします。 カスタムの額を選択したい場合には、"Select(選択)"をクリックする前に、スポンサーシップの金額を入力してください。 層の選択ボックス 1. あるいは、Organization としてスポンサーをしている場合、月額を全額支払う代わりに、[すぐに全額] の下で、 [代わりに日割りの X.XX ドルを支払う] をクリックして、日割りの額を支払うことができます。 日割りの額を支払うためのリンク 4. Under "Billing information", review your payment details. Optionally, to change the payment details for your entire account on GitHub.com, click Edit. Then, follow the prompts to complete the payment form. [支払方法の編集] ボタン 1. あなたのスポンサーシップを見ることができる人を選択してください。 スポンサーシップを表示できるユーザーを選択するラジオ ボタン 4. スポンサー付きアカウントからメールの更新を受け取るかどうかを決めたら、["アカウント" からのメールの更新を受け取る] を選択または選択解除します。 スポンサー付きアカウントからの更新を受け取るためのチェックボックス 1. [スポンサー アカウント] をクリックします。 スポンサー ボタン