Skip to main content

スポンサーとスポンサーシップを表示する

スポンサーとスポンサーシップについて、詳細情報と分析を表示し、エクスポートすることができます。

スポンサーとスポンサーシップについて

現在と過去のスポンサーシップについての分析、スポンサーから受領した支払い、キャンセルなどのイベント、スポンサーシップのスポンサー層の変更を表示できます。 新しいスポンサーシップ、スポンサーシップの変更、スポンサーシップのキャンセルといったアクティビティも確認できます。 アクティビティのリストは、日付でフィルタリングできます。 表示しているアカウントのスポンサーシップデータを CSV または JSON 形式でエクスポートすることもできます。

トランザクション メタデータについて

スポンサーシップがどこから来ているのかを追跡するには、GitHub Sponsors プロファイルまたはチェックアウト ページのメタデータでカスタム URL を使用できます。 メタデータは、トランザクション エクスポートのメタデータ列に含まれます。 トランザクション データのエクスポートの詳細については、「スポンサーシップデータをエクスポートする」を参照してください。

メタデータは、key=value 形式を使用する必要があり、これらの URL の末尾に追加することができます。

  • スポンサー付きアカウント プロファイル: https://github.com/sponsors/{account}
  • スポンサーシップのチェックアウト: https://github.com/sponsors/{account}/sponsorships

潜在的なスポンサーがスポンサーになるアカウントを切り替え、毎月または 1 回限りの支払いを選択し、別のレベルを選択すると、メタデータが URL に保持されます。

構文の要件

メタデータは次の要件を満たしている必要があります。これは、渡される他の URL パラメーターには適用されません。

  • キーには、metadata_ のプレフィックスを付け、metadata_campaign のようにする必要があります。 トランザクションのエクスポートでは、metadata_ プレフィックスはキーから削除されます。
  • キーと値には、英数字、ダッシュ、またはアンダースコアのみを含める必要があります。 使用できない文字がキーまたは値のいずれかで渡されると、404 エラーが表示されます。
  • スペースは使用できません。
  • 要求ごとに最大 10 個のキーと値のペアが受け入れられます。 それを超えて渡された場合、最初の 10 個のみが保存されます。
  • キーごとに最大 25 文字まで使用できます。 それを超えて渡された場合、最初の 25 字のみが保存されます。
  • 値ごとに最大 100 文字まで使用できます。 それを超えて渡された場合、最初の 100 字のみが保存されます。

たとえば、ご自分のブログが発信元であるスポンサーシップを追跡するには、https://github.com/sponsors/{account}?metadata_campaign=myblog を使用できます。 metadata_campaign がキーであり、myblog は値です。 トランザクション エクスポートのメタデータ列に、キーが campaign のように表示されます。

スポンサーとスポンサーシップを表示する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [スポンサー] をクリックします。 GitHub Sponsors ボタン
  2. スポンサーと適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右で [ダッシュボード] をクリックしてください。 開発者スポンサー [ダッシュボード] ボタン
  3. 必要に応じて、スポンサーをレベル別にフィルター処理するには、 [フィルター] ドロップダウン メニューを使用し、 [アクティブなレベル] または [廃止されたレベル] をクリックして、レベルを選択します。 レベル別のフィルター処理を行うドロップダウンメニュー

最近のスポンサーシップアクティビティを表示する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [スポンサー] をクリックします。 GitHub Sponsors ボタン
  2. スポンサーと適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右で [ダッシュボード] をクリックしてください。 開発者スポンサー [ダッシュボード] ボタン 1. 左側のサイドバーで、 [あなたのスポンサー] をクリックします。 [あなたのスポンサー] タブ

スポンサーシップデータをエクスポートする

スポンサーシップのトランザクションは 月単位でエクスポートできます。 GitHub で、選択した月のスポンサーすべてのトランザクションデータがメールでエクスポートされます。 エクスポートが完了したら、別の月のデータをエクスポートできます。 スポンサードアカウントごとに、1 時間に 10 セットまでのデータをエクスポートできます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [スポンサー] をクリックします。 GitHub Sponsors ボタン
  2. スポンサーと適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右で [ダッシュボード] をクリックしてください。 開発者スポンサー [ダッシュボード] ボタン 1. 左側のサイドバーで、 [あなたのスポンサー] をクリックします。 [あなたのスポンサー] タブ
  3. 右上の [エクスポート] をクリックします。 [エクスポート] ボタン
  4. エクスポートするデータの期間と形式を選択し、 [エクスポートの開始] をクリックします。 データエクスポートのオプション