スポンサードアカウントでイベントに webhook を設定する

新しいスポンサーシップを受領したとき、または既存のスポンサーシップに変更があったときにアラートがあるように webhook を設定することができます。

スポンサードアカウントでのイベントの webhook について

支払い期間の終了に伴うキャンセルなど、スポンサーシップに対する変更を監視するために、スポンサードユーザまたはスポンサード Organization のアカウントに webhook を作成できます。 スポンサードアカウントに webhook を設定すると、スポンサーシップが作成、編集、削除されたときにアップデートを受け取れます。 詳細は、スポンサーシップwebhook イベントを参照してください。

スポンサードアカウントでイベントの webhook を管理する

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour sponsors(スポンサー)をクリックしてください。 GitHub Sponsorsボタン
  2. スポンサー付きの適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右でDashboard(ダッシュボード)をクリックしてください。 開発者スポンサーダッシュボードボタン
  3. 左のサイドバーでWebhooksをクリックしてください。 webhookタブ
  4. Add webhook(webhookの追加)をクリックしてください。 [Webhooks] サイドバーの [Add webhook] ボタン
  5. ペイロード URL を入力し、必要な場合は設定をカスタマイズします。 詳しい情報については「webhook を作成する」を参照してください。 ペイロード URL やその他カスタマイズオプションのフィールド
  6. "Content type(コンテントタイプ)"の下で、受信したいデータフォーマットを選択してください。 詳しい情報については「webhookの作成」を参照してください。 webhookのフォーマットのメニュー
  7. シークレットトークンを入力してください。 詳しい情報については「webhookをセキュアにする」を参照してください。 シークレットトークンと他のカスタマイズのオプションのフィールド
  8. SponsorshipEventの更新を受信するには、Active(アクティブ)を選択してください。 アクティブなイベントの選択
  9. Create webhook(webhookの作成)をクリックしてください。 Webhookサイドバー内のwebhook作成ボタン
  10. 既存のwebhookを編集するにはEdit(編集)をクリックしてください。 既存のwebhookを削除するにはDelete(削除)をクリックしてください。 webhookを管理するためのボタン

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡