Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

個人アカウントの GitHub スポンサーの設定

スポンサード開発者になるには、GitHub Sponsors に参加して、スポンサード開発者プロフィールに必要事項をすべて記入し、スポンサーシップ層を作成し、銀行口座と税に関する情報を送信し、GitHub.com のアカウントで 2 要素認証を有効にします。

GitHub Sponsors に参加する

オープンソースプロジェクトにコントリビュートし、サポートされている地域に居住している人は、スポンサード開発者になることができます。 コントリビューションにはバグレポート、Issueのトリアージ、コード、ドキュメンテーション、リーダーシップ、ビジネス開発、プロジェクト管理、メンターシップ、設計などがありますが、これだけに限定されません。 GitHub Sponsorsにまだサポートされていない地域に住んでいる場合、GitHub Sponsorsのベータへの参加の待ちリストにサインアップできます。 サポートされているリージョンの一覧については、「GitHub Sponsors」を参照してください。

GitHub Sponsors に組織として参加する方法については、「組織の GitHub Sponsors を設定する」を参照してください。

  1. GitHub Sponsors に移動します。

  2. Organization のオーナーの場合は、適格なアカウントが複数あります。 [Get sponsored] (スポンサーを取得) をクリックしてから、アカウントの一覧で個人アカウントを探します。 [Get sponsored] (スポンサーを取得) ボタンのスクリーンショット

  3. [順番待ちリストに登録する] をクリックします。

  4. プロンプトに従って連絡先を記入します。 1. スポンサーシップの支払いを銀行口座と会計ホストのどちらで受け取るかを決めます。 会計ホストの設定と使用の詳細については、「会計ホストを使用して GitHub Sponsors の支払いを受け取る」を参照してください。

    会計ホストの情報を設定できるのは、GitHub Sponsors にサインアップするときだけであることに注意してください。 プロフィールを設定した後で会計ホストの使用に切り替える場合は、サポートにお問い合わせください。 銀行口座か会計ホストかを選ぶオプションのスクリーンショット

  5. GitHub Sponsors 追加条項および GitHub のプライバシーについての声明を確認してから、 [順番待ちリストに登録する] をクリックしてください。

サポートされている地域で銀行口座をお持ちであれば、GitHub は 2 週間以内に申請をレビューします。

スポンサード開発者プロフィールを記入する

GitHub で申請がレビューされたら、ユーザがあなたのスポンサーになれるようにスポンサード開発者プロフィールを設定できます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [スポンサー] をクリックします。 GitHub Sponsors ボタン
  2. スポンサーと適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右で [ダッシュボード] をクリックしてください。 開発者スポンサー [ダッシュボード] ボタン 1. 左側のサイドバーで、 [プロファイルの詳細] をクリックします。 [プロフィールの詳細] タブ 1. "Short bio(短い略歴)"の下で、あなた自身とあなたの仕事の簡単な説明を入力してください。 [短い略歴] フィールド 1. "Introduction(イントロダクション)"の下で、あなたがスポンサーシップと共に行う作業の説明を入力してください。 プロフィールの詳細テキスト フィールド 1. あるいは、GitHub Sponsorsプロファイルで提示されているリポジトリを選択することもできます。
    - [重要な作業] の右側にある **[編集]** をクリックします。
      ![[重要な作業] の [編集] ボタン](/assets/images/help/sponsors/featured-work-edit-button.png)
    - 最大 6 個のリポジトリを選択し、 **[保存]** をクリックします。
      ![リポジトリを選択するチェックボックス](/assets/images/help/sponsors/featured-work-select.png) 1. 必要に応じて、 **[github.com/sponsors に取り上げられるかもしれないことにオプトイン]** を選択します。
    
    取り上げられることへのオプトインのチェックボックス 1. [プロファイルの更新] をクリックします。

スポンサーシップ層を作成する

スポンサーが選択できる 1 回限りのスポンサーシップ層を最大 10 個、月次の層を最大 10 個発行できます。 各層には、固有の 1 回または月次の支払い額 (米ドル) があります。 層の発行は任意です。

各層の謝礼をカスタマイズできます。 たとえば、層の謝礼には以下のようなものがあるでしょう:

  • 新バージョンへの早期アクセス
  • README内にロゴもしくは名前
  • 週次のニュースレターの更新
  • スポンサーが喜ぶその他の謝礼

層にリポジトリを追加することで、層内のすべてのスポンサーにプライベート リポジトリへのアクセス権を付与できます。 詳細については、スポンサーシップ層へのリポジトリの追加に関するページを参照してください。

報酬へのアクセスまたは受け取りに関する情報を含むウェルカム メッセージを含めることができます。これは、支払い後とウェルカム メールに表示されます。

層を公開すると、その層の金額は編集できなくなります。 その代わりに、その層を止めて新しい層を作成できます。 終了した層の既存のスポンサーは、スポンサーシップの層を変更するか、スポンサーシップをキャンセルするか、1回のスポンサーシップの期間が終了するまで、そのまま残ります。

最高価格は月額 12,000 米ドルです。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [スポンサー] をクリックします。 GitHub Sponsors ボタン
  2. スポンサーと適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右で [ダッシュボード] をクリックしてください。 開発者スポンサー [ダッシュボード] ボタン 1. 左側のサイドバーで、 [スポンサー層] をクリックします。 [スポンサー層] タブ 1. 月次の層を作成するには、ページの右側にある [月次の層の追加] をクリックします。 または、1 回払いの層を作成する場合は、 [1 回の層] をクリックしてから、 [1 回の層の追加] をクリックします。 [層の追加] ボタン 1. その層の月額と説明を入力してください。 層の価格と説明のテキスト フィールド 1. 必要に応じて、レベルのウェルカム メッセージを入力します。 ウェルカム メッセージの追加 1. [下書きの保存] をクリックします。 [下書きの保存] ボタン 1. 層を校正してから、 [層の公開] をクリックします。 [月額層の公開] ボタンが強調された [新しい層] ページのスクリーンショット 1. 提供したい層をすべて公開するまで、上のステップを繰り返してください。

銀行口座情報をサブミットする

スポンサー付きユーザーは、サポートされているリージョンの銀行口座で支払いを受けるか、会計ホスト経由で支払いを受けます。

会計ホストの情報を設定できるのは、GitHub Sponsors にサインアップするときだけであることに注意してください。 プロファイルにサインアップしたとき最初に Stripe Connect アカウントを使うことを選んだものの、会計ホストの使用に切り替えたいは、サポートにお問い合わせください。 会計ホストの設定と使用について詳しくは、「会計ホストを使用して GitHub Sponsors の支払いを受け取る」をご覧ください。

銀行口座での支払いの受け取りを選ぶ場合は、居住地域と銀行口座の地域が一致している必要があります。 サポートされているリージョンの一覧については、「GitHub Sponsors」を参照してください。

Stripe Connect アカウントに申請する際は、情報がすべて正しいことを確認してから提出してください。 申請を提出した後は、氏名、誕生日などの識別情報を更新することは困難です。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [スポンサー] をクリックします。 GitHub Sponsors ボタン
  2. スポンサーと適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右で [ダッシュボード] をクリックしてください。 開発者スポンサー [ダッシュボード] ボタン 1. [Stripe Connect アカウント] をクリックします。 Stripe Connect アカウントを作成するためのリンク
  3. アカウントを作成するためのプロンプトに従ってください。

納税情報をサブミットする

記入する必要がある税務フォームに関する詳しい情報については、アメリカ合衆国内国歳入庁のWebサイトにある以下の指示を参照してください。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [スポンサー] をクリックします。 GitHub Sponsors ボタン
  2. スポンサーと適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右で [ダッシュボード] をクリックしてください。 開発者スポンサー [ダッシュボード] ボタン 1. 左側のサイドバーで、 [概要] をクリックします。 [概要] タブ 1. [納税申告用紙] をクリックします。 納税申告用紙に記入するためのリンク
  3. 記入し、署名し、納税申告用紙をサブミットしてください。

GitHub アカウントで 2 要素認証 (2FA) を有効にする

スポンサード開発者になるには、GitHub.com でアカウントの 2FA を有効にする必要があります。 詳細については、「2 要素認証の構成」を参照してください。

GitHub に申請をサブミットして承認を求める

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [スポンサー] をクリックします。 GitHub Sponsors ボタン
  2. スポンサーと適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右で [ダッシュボード] をクリックしてください。 開発者スポンサー [ダッシュボード] ボタン
  3. [承認の要求] をクリックします。 [承認の要求] ボタン

GitHub があなたの申請を確認するには、数日間かかる場合があります。 アプリケーションが承認されると、プロファイルは自動的に GitHub Sponsors に公開されます。