Skip to main content

pull request から変更を取り込む

GitHub での作業に対する変更は、プルリクエストを通じて提案できます。 プルリクエストを作成、管理、マージする方法を学びましょう。

  • プルリクエストのマージについて

    フィーチャー ブランチにすべてのコミットを保持して、すべてのコミットを単一のコミットに squash するか、個々のコミットを head ブランチから base ブランチにリベースして、pull request をマージできます。

  • プル要求のマージ

    作業が完了したら、プルリクエストを上流ブランチにマージします。 リポジトリに対してプッシュアクセスを持つユーザなら誰でもマージを実行できます。

  • プルリクエストを自動的にマージする

    プルリクエストの自動マージを有効にすると、すべてのマージ要件が満たされたときにプルリクエストが自動的にマージされるようになり、開発速度を上げることができます。

  • pull request とマージ キューのマージ

    ブランチのブランチ保護設定でマージ キューが必要な場合は、pull request をマージ キューに追加できます。また、必要なすべてのチェックに合格すると、GitHub によって pull request がマージされます。

  • プルリクエストのクローズ

    pull request を上流ブランチにマージすることなく、その pull request を "閉じる" ようにできます。 これは、ブランチで提案された変更が必要でなくなったり、他のブランチで別の解決方法が提案されたりした場合に役立ちます。

  • Pull Request を打ち消す

    Pull Request は上流ブランチへのマージ後に元に戻すことができます。