👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ユーザアカウントに GitHub スポンサーを設定する

スポンサード開発者になるには、GitHub Sponsors に参加し、スポンサード開発者プロフィールに必要事項をすべて記入し、スポンサーシップ層を作成し、銀行口座情報と納税フォームをサブミットし、GitHub アカウントで 2 要素認証を有効にします。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

GitHub Sponsors に参加する

オープンソースプロジェクトにコントリビュートし、サポートされている地域に銀行口座を持っている人は、スポンサード開発者になることができます。 コントリビューションにはバグレポート、Issueのトリアージ、コード、ドキュメンテーション、リーダーシップ、ビジネス開発、プロジェクト管理、メンターシップ、設計などがありますが、これだけに限定されません。 GitHub Sponsorsにまだサポートされていない地域に住んでいる場合、GitHub Sponsorsのベータへの参加の待ちリストにサインアップできます。 あなたの地域でGitHub Sponsorsが利用できるかを見るには、サポートされている地域のリストを参照してください。 サポートされている地域のリストについてはGitHub Sponsorsを参照してください。

To join GitHub Sponsors as an organization, see "Setting up GitHub Sponsors for your organization."

  1. GitHub Sponsorsにアクセスしてください。
  2. Organization のオーナーの場合は、適格なアカウントが複数あります。 [View your eligible accounts] をクリックして、アカウントのリストからユーザ アカウントを見つけます。
  3. [Join the waitlist] をクリックします。
  4. プロンプトに従って連絡先を記入します。
  5. GitHub Sponsors 追加条項およびGitHub のプライバシーについての声明を確認してから、 Join the waitlist(待ちリストに参加) をクリックしてください。

サポートされている地域で銀行口座をお持ちであれば、GitHub は 2 週間以内に申請をレビューします。

スポンサード開発者プロフィールを記入する

GitHub で申請がレビューされたら、ユーザがあなたのスポンサーになれるようにスポンサード開発者プロフィールを設定できます。

  1. 任意のページの右上隅で、プロフィール画像をクリックし、続いて [GitHub Sponsors] をクリックしてください。
    GitHub Sponsorsボタン
  2. スポンサー付きの適格なアカウントのリストが表示されているなら、自分のアカウント名の右でDashboard(ダッシュボード)をクリックしてください。
    開発者スポンサーダッシュボードボタン
  3. 左のサイドバーでProfile details(プロフィールの詳細)をクリックしてください。
    プロフィールの詳細タブ
  4. "Short bio(短い略歴)"の下で、あなた自身とあなたの仕事の簡単な説明を入力してください。
    短い略歴フィールド
  5. "Introduction(イントロダクション)"の下で、あなたがスポンサーシップと共に行う作業の説明を入力してください。
    プロフィールの詳細テキストフィールド
  6. あるいは、GitHub Sponsorsプロファイルで提示されているリポジトリを選択することもできます。
    • "Featured work(重要な作業)"の右で、Edit(編集)をクリックしてください。
      重要な作業の編集ボタン
    • 最大で6つまでのリポジトリを選択し、Save(保存)をクリックしてください。
      リポジトリの選択チェックボックス
  7. あるいは、Opt-in to potentially being featured on github.com/sponsors(github.com/sponsorsに取り上げられるかもしれないことにオプトイン)を選択してください。
    取り上げられることへのオプトインのチェックボックス
  8. [Update profile] をクリックします。

スポンサーシップ層を作成する

スポンサーが選択できる層として、最大で10個のスポンサーシップ層を作成できます。 各層にはそれぞれの米ドルでの月額と、新バージョンへの早期アクセスやプロジェクトのREADMEで取り上げられたりするといったメリットがあります。

層にスポンサーが付いたなら、その層の額は編集できなくなります。 その代わりに、その層を止めて新しい層を作成できます。 既存のスポンサーは、スポンサーシップ層を変更するかキャンセルするまで、止められた層に残ります。

最高価格は月あたり6000米ドルです。

  1. 任意のページの右上隅で、プロフィール画像をクリックし、続いて [GitHub Sponsors] をクリックしてください。
    GitHub Sponsorsボタン
  2. スポンサー付きの適格なアカウントのリストが表示されているなら、自分のアカウント名の右でDashboard(ダッシュボード)をクリックしてください。
    開発者スポンサーダッシュボードボタン
  3. 左のサイドバーでSponsor tiers(スポンサー層)をクリックしてください。
    スポンサー層のタブ
  4. ページの下部にあるAdd a tier(層の追加)をクリックしてください。
    層の追加ボタン
  5. その層の月額と説明を入力してください。
    層の額と説明のテキストフィールド
  6. Save draft(ドラフトの保存)をクリックしてください。
    ドラフトの保存ボタン
  7. 層の内容を確認してから、Publish tier(層の公開)をクリックしてください。
    層の公開ボタン
  8. 提供したい層をすべて公開するまで、上のステップを繰り返してください。

銀行口座情報をサブミットする

サポートされている地域にお住まいの場合は、次の手順に従って Stripe Connect アカウントを作成し、銀行口座情報をサブミットできます。 サポートされている地域のリストについてはGitHub Sponsorsを参照してください。

Stripe Connect アカウントに申請する際は、情報がすべて正しいことを確認してから提出してください。 申請を提出した後は、氏名、誕生日などの識別情報を更新することは困難です。

サポートされていない地域にお住まいで、GitHub Sponsors のベータに参加が許可された場合は、ACH 送金または電信で支払いを受けられるように、銀行口座情報を指定する手順が、メールで届きます。

  1. 任意のページの右上隅で、プロフィール画像をクリックし、続いて [GitHub Sponsors] をクリックしてください。
    GitHub Sponsorsボタン
  2. スポンサー付きの適格なアカウントのリストが表示されているなら、自分のアカウント名の右でDashboard(ダッシュボード)をクリックしてください。
    開発者スポンサーダッシュボードボタン
  3. Stripe Connect account(Stripe Connectアカウント)をクリックしてください。
    Stripe Connectアカウントを作成するためのリンク
  4. アカウントを作成するためのプロンプトに従ってください。

納税情報をサブミットする

記入する必要がある税務フォームに関する詳しい情報については、アメリカ合衆国内国歳入庁のWebサイトにある以下の指示を参照してください。

  1. 任意のページの右上隅で、プロフィール画像をクリックし、続いて [GitHub Sponsors] をクリックしてください。
    GitHub Sponsorsボタン
  2. スポンサー付きの適格なアカウントのリストが表示されているなら、自分のアカウント名の右でDashboard(ダッシュボード)をクリックしてください。
    開発者スポンサーダッシュボードボタン
  3. 左のサイドバーで、Settings(設定)をクリックしてください。
    設定タブ
  4. "Country or region of residence(在住している国または地域)"の下で、ドロップダウンメニューを使って居住地を選択してください。
    在住している国または地域のドロップダウン
  5. Saveをクリックします。
  6. 左のサイドバーでOverview(概要)をクリックしてください。
    概要タブ
  7. tax form(納税申告用紙)をクリックしてください。
    納税申告用紙に記入するためのリンク
  8. 記入し、署名し、納税申告用紙をサブミットしてください。

GitHub アカウントで 2 要素認証 (2FA) を有効にする

スポンサード開発者になるには、GitHub アカウントで 2FA を有効にする必要があります。 詳しい情報については「2 要素認証の設定」を参照してください。

GitHub に申請をサブミットして承認を求める

  1. 任意のページの右上隅で、プロフィール画像をクリックし、続いて [GitHub Sponsors] をクリックしてください。
    GitHub Sponsorsボタン
  2. スポンサー付きの適格なアカウントのリストが表示されているなら、自分のアカウント名の右でDashboard(ダッシュボード)をクリックしてください。
    開発者スポンサーダッシュボードボタン
  3. [Request approval] をクリックします。
    [Request approval] ボタン

GitHub があなたの申請を確認するには、数日間かかる場合があります。 申請が承認されると、あなたのプロフィールは GitHub Sponsors 上に自動的に作成されます。

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください