ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

Pull Request を打ち消す

Pull Request は上流ブランチへのマージ後に元に戻すことができます。

ここには以下の内容があります:

プルリクエストの打ち消しについて

GitHub で Pull Request を打ち消すと、マージされた元の Pull Request からマージ コミットを 1 回元に戻した、新しい Pull Request が作成されます。

Pull Request を打ち消す

注釈: 次のいずれかに該当する場合、プルリクエストの個々のコミットを元に戻す必要がある場合があります。

  • Pull Request を打ち消すとマージコンフリクトが起こる
  • 元のプルリクエストが GitHub でマージされていなかった場合。 たとえば、コマンドラインで fast-forward マージを使用してプルリクエストをマージした可能性があります。

Git を使用して個々のコミットを手動で元に戻す方法の詳細については、Git ドキュメントの「Git 打ち消し」を参照してください。

  1. リポジトリ名の下にある Pull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。
    Issue とプルリクエストのタブの選択
  2. [Pull Requests] のリストで、打ち消す Pull Request をクリックします。
  3. その Pull Request の下部周辺で、[Revert] をクリックします。
    [Revert pull request] リンク
  4. 結果の Pull Request をマージします。 詳しい情報についてはプルリクエストのマージを参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください