👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

プルリクエストのステージの変更

プルリクエストのドラフトをレビュー準備完了としてマークしたり、プルリクエストをドラフトに変換したりすることができます。

リポジトリへの書き込み権限を持つユーザとプルリクエストの作者は、プルリクエストのステージを変更できます。

Draft pull requests are available in public repositories with GitHub Free and GitHub Free for organizations, GitHub Pro, and legacy per-repository billing plans, and in public and private repositories with GitHub Team and GitHub Enterprise Cloud. 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

プルリクエストをレビュー準備完了としてマークする

プルリクエストに対するフィードバックをもらう準備ができているなら、ドラフトのプルリクエストにレビューの準備ができているとマークできます。 プルリクエストにレビューの準備ができているとマークすると、コードオーナーたちからのレビューをリクエストすることになります。

  1. リポジトリ名の下にある Pull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。
    Issue とプルリクエストのタブの選択
  2. プルリクエストのリストで、レビューの準備ができたことを示すマークを付けたいプルリクエストクリックします。
  3. マージボックスで、[Ready for review] をクリックします。
    [Ready for review] ボタン

プルリクエストをドラフトに変換する

プルリクエストはいつでもドラフトに変換できます。 たとえば、ドラフトではなくプルリクエストを誤ってオープンした場合、または対処の必要があるプルリクエストについてのフィードバックを受け取った場合、プルリクエストをドラフトに変換して、さらなる変更が必要であることを示すことができます。 プルリクエストをレビューの準備完了として再度マークするまで、プルリクエストをマージすることはできません。 プルリクエストの通知をすでにサブスクライブしているユーザは、プルリクエストをドラフトに変換するときにサブスクライブ解除されません。

  1. リポジトリ名の下にある Pull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。
    Issue とプルリクエストのタブの選択
  2. [プルリクエスト] リストで、ドラフトに変換するプルリクエストをクリックします。
  3. 右側のサイドバーの [Reviewers] で、[Convert to draft] をクリックします。
    [ドラフトに変換] リンク
  4. [Convert to draft] をクリックします。
    ドラフト確認に変換

参考リンク

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください