👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

プルリクエストのマージについて

フィーチャブランチにすべてのコミットを保ち、すべてのコミットを単一のコミットにsquashするか、個々のコミットをheadブランチからbaseブランチにリベースすることによって、プルリクエストをマージできます。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

GitHub上のプルリクエストでフォルトのMerge pull request(プルリクエストのマージ)オプションをクリックすると、フィーチャブランチからのすべてのコミットがマージコミット内でベースブランチに追加されます。 プルリクエストは、--no-ffオプションを使ってマージされます。

プルリクエストをマージするためには、リポジトリの書き込み権限を持っていなければなりません。

standard-merge-commit-diagram

プルリクエストのコミットのsquashとマージ

GitHub上のプルリクエストでSquash and merge(squashとマージ)オプションを選択すると、そのプルリクエストのコミットは1つのコミットにsquashされます。 トピックブランチからコントリビュータの個々のコミットをすべて見る代わりに、コミットは1つのコミットにまとめられ、デフォルトブランチにマージされます。 squashされたコミットを持つプルリクエストは、fast-forwardオプションを使ってマージされます。

プルリクエストをsquashしてマージするには、リポジトリへの書き込み権限を持っていなければならず、リポジトリではsquashマージが許可されていなければなりません。

commit-squashing-diagram

squashとマージは、よりスムーズなGitの履歴をリポジトリに作り出すために利用できます。 作業途中でのコミットは、フィーチャブランチで作業しているときには役立ちますが、必ずしもGitの履歴に残すほど重要とはかぎりません。 デフォルトブランチへのマージに際してそれらのコミットを1つのコミットにsquashすれば、明快なGitの履歴と共にオリジナルの変更を残しておけます。

Merge message for a squash merge

When you squash and merge, GitHub generates a commit message which you can change if you want to. The message default depends on whether the pull request contains multiple commits or just one.

Number of commits概要説明
One commitThe title of the commit message for the single commit, followed by the pull request numberThe body text of the commit message for the single commit
More than one commitThe pull request title, followed by the pull request numberA list of the commit messages for all of the squashed commits, in date order

Squashing and merging a long-running branch

If you plan to continue work on the head branch of a pull request after the pull request is merged, we recommend you don't squash and merge the pull request.

When you create a pull request, GitHub identifies the most recent commit that is on both the head branch and the base branch: the common ancestor commit. When you squash and merge the pull request, GitHub creates a commit on the base branch that contains all of the changes you made on the head branch since the common ancestor commit.

Because this commit is only on the base branch and not the head branch, the common ancestor of the two branches remains unchanged. If you continue to work on the head branch, then create a new pull request between the two branches, the pull request will include all of the commits since the common ancestor, including commits that you squashed and merged in the previous pull request. If there are no conflicts, you can safely merge these commits. However, this workflow makes merge conflicts more likely. If you continue to squash and merge pull requests for a long-running head branch, you will have to resolve the same conflicts repeatedly.

プルリクエストコミットのリベースとマージ

GitHub上のプルリクエストでRebase and merge(リベースとマージ)オプションを選択すると、トピックブランチ(あるいはheadブランチ)のすべてのコミットが、マージコミットなしに個別にベースブランチに追加されます。 リベースされたコミットを持つプルリクエストは、fast-forwardオプションを使ってマージされます。

プルリクエストをリベースしてマージするには、リポジトリへの書き込み権限が必要で、リポジトリではリベースマージが許可されていなければなりません。

GitHub上でのリベースとマージの振る舞いは、gitのリベースとは少し異なっています。 GitHub上でのリベースとマージは、常にコミッターの情報を更新し、新しいSHAを生成しますが、GitHub外でのgit rebaseは祖先のコミット上でリベースが生じたときにコミッター情報を変更しません。 git rebaseに関する詳しい情報については書籍Pro Gitの"Git rebase" の章を参照してください。

git rebaseの視覚的な表現については、書籍Pro Gitの"Git Branching - Rebasing"の章を参照してください。

以下の場合、GitHub上で自動的にリベースおよびマージすることはできません:

  • プルリクエストにマージコンフリクトがある。
  • ベースブランチからヘッドブランチへのコミットのリベースでコンフリクトが生じる。
  • たとえば、マージコンフリクトなしにリベースできるものの、マージとは異なる結果が生成されるような場合、コミットのリベースは「安全ではない」と考えられます。

それでもコミットをリベースしたいにもかかわらず、GitHub 上で自動的にリベースとマージが行えない場合、以下のようにしなければなりません:

  • トピックブランチ (あるいは head ブランチ) をベースブランチにローカルでコマンドラインからリベースする
  • コマンドライン上でマージコンフリクトを解決する
  • リベースされたコミットをプルリクエストのトピックブランチ (あるいはリモートの head ブランチ) にフォースプッシュする。

リポジトリに書き込み権限を持つ人は、続いてGitHub上のリベース及びマージボタンを使って変更をマージできます。

参考リンク

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください