Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

エンタープライズ向け GitHub について

GitHub の Enterprise 製品と、GitHub Enterprise のデプロイ オプションについて説明します。

Enterprise で GitHub を使用する方法

GitHub は、セキュリティで保護されたソフトウェアをビルド、スケーリング、配信するための完全な開発者プラットフォームです。 企業は、ソフトウェア開発ライフサイクル全体をサポートし、開発速度を向上させ、コード品質を向上させるために当社の製品を使用します。

  • トラック: 開発者は、issue やプロジェクトを使用してソース コードをリポジトリに格納し、バージョン管理して、作業を計画できます。
  • コード: 開発者は、クラウドでホストされる開発環境である GitHub Codespaces でコードを作成し、pull request を使用して相互のコードをレビューし、コード セキュリティ機能を使用してシークレットと脆弱性がコードベースに混入しないようにできます。
  • デプロイ: GitHub Actions を使用してビルド、テスト、デプロイ パイプラインを自動化し、GitHub Packages を使用してソフトウェア パッケージをホストできます。

GitHub Enterprise の利点

GitHub Enterprise は、最も包括的なプランです。 Organization 向けの GitHub Free プランまたは GitHub Team に含まれる機能に加えて、このプランには以下が含まれます。

  • SAML 認証や内部リポジトリなどの追加機能。 詳細なリストについては、GitHub Pricing を参照してください。
  • GitHub Actions などの使用量ベースの製品に対する使用可能量の追加。
  • Enterprise アカウント。これによって、単一の場所で、課金と設定の管理、ポリシーの適用、Enterprise へのアクセス権を持つユーザーの監査ができます。
  • GitHub Advanced Security と GitHub Premium Support を追加するオプション。

企業が GitHub Enterprise を採用すると、投資収益率 (ROI) が高くなります。 たとえば、開発者は 1 日あたり 45 分間節約でき、オンボーディングとトレーニングの時間は 40% 短縮されます。 「GitHub Enterprise の経済効果の総計」をご覧ください。

デプロイ オプションについて

GitHub Enterprise をご購入の場合、GitHub Enterprise Cloud と GitHub Enterprise Server の両方にアクセスできます。 これらのデプロイ オプションのどちらか、または両方を使用することを選択できます。

GitHub Enterprise Cloud の場合:

  • リポジトリとその他のリソースは、GitHub.com でホストされます。
  • リソースにアクセスするには、Enterprise のメンバーが個人用アカウントを使用するか、Enterprise Managed Users を使用する場合は、外部システムを使用してユーザーのアカウントをプロビジョニングします。

GitHub Enterprise Server の場合:

  • オンプレミスまたはパブリック クラウド サービスで、独自の GitHub インスタンスを実行します。
  • ユーザーのアカウントを作成し、ビルトイン認証または外部システムを使用してユーザーを認証します。
  • GitHub Connect を有効にすると、Dependabot alerts や GitHub.com でホストされているアクションなどの GitHub.com に依存する機能を活用できます。

次のステップ

  1. GitHub Enterprise の詳細について。

  2. 試用版を設定します。

参考資料