Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GitHub Enterprise Server について

GitHub Enterprise Server は、プライベート環境でホストできるソフトウェア開発プラットフォームです。

GitHub Enterprise Server について

GitHub Enterprise Server は、エンタープライズ内のソフトウェア開発用のセルフホステッド プラットフォームです。 チームは GitHub Enterprise Server を使って、Git バージョン コントロール、強力な API、生産性およびコラボレーション ツール、統合を使ってソフトウェアをビルドし、出荷できます。 GitHub.com に精通している開発者は、使い慣れた機能とワークフローを使って、シームレスなオンボードとコントリビュートが可能です。 企業が GitHub の製品を使ってソフトウェア開発ライフサイクルをサポートする方法の詳細については、「エンタープライズ向け GitHub について」を参照してください。

GitHub Enterprise Server は、ユーザーのインフラストラクチャ上で実行され、ファイアウォール、ネットワーク ポリシー、IAM、監視、VPN など、ユーザーが定義するアクセスとセキュリティの制御によって管理されます。 GitHub Enterprise Server は、規制コンプライアンスの対象となる企業で使うのに適しており、パブリック クラウドのソフトウェア開発プラットフォームから発生する問題を回避するのに役立ちます。

GitHub は、自己完結型の仮想アプライアンスとして GitHub Enterprise Server を配布します。 仮想マシンをプロビジョニングしてアプライアンスをインストールすると、インスタンスはカスタム アプリケーション スタックを使って Linux オペレーティング システムを実行します。 詳しくは、「システムの概要」をご覧ください。

注記: GitHub Enterprise Server では、サードパーティ製のソフトウェアをインストールしたり、基礎オペレーティング システムに変更を加えたりすることはできません。

GitHub Enterprise Server をオンプレミスにデプロイするか、サポートされているクラウド環境にデプロイするかを選ぶことができます。

デプロイのサポート対象環境

GitHub Enterprise Server は、オンプレミスのデータセンター内の仮想化ハイパーバイザーまたはパブリック クラウド サービスにデプロイできます。

GitHub は、オンプレミス デプロイ用に次の仮想化ハイパーバイザーをサポートしています。

  • Microsoft Hyper-V
  • OpenStack KVM
  • VMware ESXi

GitHub は、クラウド デプロイ用に次のサービスをサポートしています。

  • アマゾン ウェブ サービス (AWS)
  • Google Cloud Platform (GCP)
  • Microsoft Azure

詳しくは、「GitHub Enterprise Server インスタンスをセットアップする」を参照してください。

リリースとアップグレードについて

GitHub Enterprise Server は常に改善されており、機能リリースとパッチ リリースで新機能とバグ修正が導入されています。 インスタンスへのアップグレードは自身の責任で行ってください。 詳しくは、「GitHub Enterprise Server のリリース」を参照してください。

管理について

GitHub Enterprise Server は、ブラウザー、管理 SSH アクセス、REST または GraphQL API を使って構成および監視できます。 GitHub では、Linux の管理経験がある管理者の方が GitHub Enterprise Server のデプロイとメンテナンスをよりうまく行えることがわかっています。

特定の従業員に GitHub Enterprise Server への管理アクセス権を付与することで、外部認証を設定し、開発者のニーズを満たすようにインスタンスを構成し、インスタンスのアクティビティとパフォーマンスを監視できます。 ビジネス ルールまたは規制制限に確実に準拠するために、管理者はユーザーが お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス をどのように使用するかを制御するポリシーを構成できます。 詳細については、次の記事を参照してください。

オプション機能について

GitHub Enterprise Server で、Enterprise のソフトウェア開発ライフサイクルを改善するオプション機能を構成できます。

特徴量説明詳細情報
GitHub ActionsCI/CD と開発ワークフローを自動化するエンタープライズの GitHub Actions について
GitHub ConnectGitHub.com の機能を限定的に活用するGitHub Connect について
GitHub Advanced Securityコードのセキュリティと品質を向上させるGitHub Advanced Security について
GitHub PackagesEnterprise のソフトウェア パッケージをホストするGitHub Packages の概要

デプロイ トポロジについて

既定では、GitHub Enterprise Server はスタンドアロン インスタンスとして実行されます。 デプロイに別のトポロジを使うことで、GitHub Enterprise Server の信頼性とパフォーマンスを向上させることができます。

  • システムまたはネットワークの障害の影響を軽減するために、パッシブ レプリカ インスタンスをデプロイできます。 プライマリ インスタンスに影響する障害が発生した場合は、レプリカ インスタンスに手動でフェールオーバーできます。 詳しくは、「High Availability設定について」を参照してください。
  • 複数のアクティブ レプリカを構成して、プライマリ インスタンスから地理的に離れている開発者のパフォーマンスを向上させることができます。 詳しくは、「Geo-replicationについて」を参照してください。
  • 数万人の開発者がいる一部の企業は、垂直方向ではなく水平方向にスケーリングするクラスター構成の恩恵を受ける場合があります。 詳しくは、「クラスタリングについて」を参照してください。

バックアップとディザスター リカバリーについて

開発者のデータ損失やサービス中断から保護するために、GitHub は、ディザスター リカバリーの計画を立てることを強くお勧めします。 GitHub Enterprise Server Backup Utilities を使って Linux または Unix ホスト システムをデプロイして構成することで、インスタンスの構成とユーザー データをバックアップできます。 詳しくは、「インスタンスでのバックアップの構成」を参照してください。

さらに、システムまたはネットワーク障害が発生した場合にフェールオーバーするようにパッシブ レプリカ インスタンスを構成できます。 詳細については、「デプロイ トポロジについて」を参照してください。

ドキュメントについて

GitHub Enterprise Server の管理者とユーザー向けの両方のドキュメントは、GitHub Docs の次のサイトで入手できます。

異なるバージョンの GitHub Enterprise Server が、GitHub Docs のドキュメントに個別に反映されています。 詳しくは、「GitHub Docs のバージョンについて」を参照してください。

GitHub Enterprise Server を試す

GitHub Enterprise Server の 45 日間無料試用版にサインアップできます。 詳しくは、「GitHub Enterprise Server のトライアルを設定する」を参照してください。

参考資料