Skip to main content

ファイルを編集する

ファイルエディタを使用しているすべてのリポジトリについて、GitHub Enterprise Server でファイルを直接編集できます。

リポジトリのファイルを編集する

ヒント: リポジトリに保護されたブランチがある場合、GitHubを使ってその保護されたブランチ中のファイルを編集したり、保護されたブランチにファイルをアップロードしたりすることはできません。 詳しくは、「保護されたブランチについて」を参照してください。

GitHub Desktopを使って、変更を新しいブランチに移動させてコミットできます。 詳しくは、「Committing and reviewing changes to your project in GitHub Desktop」を参照してください。

注: GitHub Enterprise Server のファイル エディターでは、CodeMirror が使われます。

  1. リポジトリ内で、編集するファイルに移動します。
  2. ファイル ビューの右上隅にある をクリックしてファイル エディターを開きます。

ファイルのスクリーンショット。 ヘッダーにある鉛筆アイコンのラベルが付いたボタンが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  1. テキスト ボックスで、ファイルに必要な変更を行います。

  2. 新しいコンテンツの上にある [変更のプレビュー] をクリックします。 編集モードのファイルのスクリーンショット。 ファイルの内容の上の [プレビュー] というラベルのタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. [コミット メッセージ] フィールドに、ファイルに対する変更内容を説明する、短くわかりやすいコミット メッセージを入力します。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しくは、「複数の作者を持つコミットを作成する」を参照してください。

  4. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳しくは、「pull request の作成」を参照してください。

    GitHub pull request のスクリーンショット。メイン ブランチに直接コミットする、または新しいブランチを作成するためのラジオ ボタンが表示されています。 "新しいブランチ" が選ばれています。

  5. [変更のコミット] または [変更の提案] をクリックします。

他のユーザーのリポジトリ内のファイルを編集する

別のユーザーのリポジトリ内のファイルを編集すると、自動的にリポジトリがフォークされて、pull request が開かれます。

  1. 他のユーザーのリポジトリで、編集するファイルが含まれるフォルダに移動します。 編集するファイルの名前をクリックします。

  2. ファイルの内容の上にある をクリックします。 この時点で、ユーザーに代わり、GitHub によってリポジトリがフォークされます。

  3. テキスト ボックスで、ファイルに必要な変更を行います。

  4. 新しいコンテンツの上にある [変更のプレビュー] をクリックします。 編集モードのファイルのスクリーンショット。 ファイルの内容の上の [プレビュー] というラベルのタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  5. [コミット メッセージ] フィールドに、ファイルに対する変更内容を説明する、短くわかりやすいコミット メッセージを入力します。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しくは、「複数の作者を持つコミットを作成する」を参照してください。

  6. [変更の提案] をクリックします。

  7. プルリクエストのタイトルと説明を入力します。

  8. [pull request の作成] をクリックします。