Skip to main content

プルリクエストにコミットのリベースを設定する

リポジトリで、your GitHub Enterprise Server instance でのすべての pull request マージについて、コミットのリベースを強制、許可、または無効にできます。

your GitHub Enterprise Server instance 上で pull request のマージ オプションを構成して、ワークフローのニーズと Git の履歴管理の優先設定を満たすことができます。 詳細については、「pull request マージの構成」を参照してください。

  1. your GitHub Enterprise Server instance で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン
  2. [pull request] の下にある [リベース マージを許可する] を選びます。 これにより、コントリビューターが個々のコミットをベースブランチにリベースすることでプルリクエストをマージできるようになります。 リベース マージを許可するチェックボックスが強調表示されている [pull request] 設定のスクリーンショット

ここで他のマージ方法も選択した場合、コラボレーターはプルリクエストをマージする時にコミットのマージ方法を選択できます。 コミットの線形履歴を必要とする保護されたブランチ ルールがリポジトリにある場合、スカッシュ マージ、リベース マージ、あるいはその両方を許可しなければなりません。 詳細については、「保護されたブランチについて」を参照してください。