Skip to main content

新しいリポジトリの作成

個人アカウントや必要な権限を持つどのような Organization にも新しいリポジトリを作成できます。

参考: コードオーナーは、Organization 内のリポジトリ作成権限を制限できます。 詳しくは、「Organization 内でリポジトリの作成を制限する」を参照してください。

参考: GitHub CLI を使用してリポジトリを作成することもできます。 詳細については、GitHub CLI ドキュメントの "gh repo create" を参照してください。

  1. ページの右上隅で、[] ドロップダウン メニューを使用して、 [新しいリポジトリ] を選択します。

    新しいアイテムを作成するオプションを示す GitHub ドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [新しいリポジトリ] というメニュー項目が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. また、既存のリポジトリのディレクトリ構造とファイルを持つリポジトリを作成するには、 [テンプレートの選択] ドロップダウン メニューを選び、テンプレート リポジトリをクリックします。 あなたが所有するテンプレートリポジトリ、あなたがメンバーとして属する Organization が所有するテンプレートリポジトリ、使ったことがあるテンプレートリポジトリが表示されます。 詳しくは、「テンプレートからリポジトリを作成する」を参照してください。

  3. 必要に応じて、テンプレートを使用する場合、デフォルトのブランチだけでなく、テンプレートのすべてのブランチからのディレクトリ構造とファイルを含めるには、 [すべてのブランチを含める] を選択します。

  4. [所有者] ドロップダウン メニューを使い、リポジトリを所有させたいアカウントを選びます。 新しい GitHub リポジトリの所有者メニューのスクリーンショット。 メニューには、octocat と github の 2 つのオプションが表示されます。

  5. リポジトリの名前と、任意で説明を入力してください。

    GitHub リポジトリを作成するときの最初の手順のスクリーンショット。 [リポジトリ名] フィールドにはテキスト "hello-world" が表示され、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  6. リポジトリの可視性を選択してください。 詳しくは、「リポジトリについて」を参照してください。

  7. テンプレートを使用していない場合は、リポジトリに自動入力できるオプションアイテムがいくつかあります。 既存のリポジトリを GitHub Enterprise Serverにインポートする場合は、このようなオプションはどれも選択しないでください。マージコンフリクトが起きる可能性があります。 ユーザインターフェースを使用して新しいファイルを追加または作成する、またはコマンドラインを使用して後で新しいファイルを追加することができます。 詳しくは、「コマンド ラインを使って外部の Git リポジトリをインポートする」、「ファイルをリポジトリに追加する」、「マージ競合への対処」をご覧ください。

    • 自分のプロジェクトについて説明するドキュメントである README を作成できます。 詳しくは、「READMEについて」を参照してください。
    • 無視するルールを記載した .gitignore ファイルを作成できます。 詳細については、「ファイルを無視する」を参照してください。
  8. [Create repository] (リポジトリの作成) をクリックします。

参考資料