ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

使用制限、支払い、管理

GitHub Actions ワークフローには使用制限があります。 使用料は、リポジトリの無料の時間とストレージの量を超えるリポジトリに適用されます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub One、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ここには以下の内容があります:

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHub public roadmapで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

GitHub Actionsの支払いについて

GitHub アクションの使用は、 セルフホストランナーを使用する GitHub Enterprise Server では無料です。

使用制限

使用制限は、セルフホストランナーに適用されます。 詳しい情報については「セルフホストランナーについて」を参照してください。

成果物とログの保持ポリシー

リポジトリ、Organization、または Enterprise アカウントの成果物とログの保持期間を設定できます。

デフォルトでは、ワークフローによって生成された成果物とログファイルは、90日間保持された後自動的に削除されます。 この保持の期間は、リポジトリの種類によって調整できます。

  • パブリックリポジトリの場合: この保持時間を1日から90日の間で変更できます。
  • プライベート、インターナル、GitHub Enterpriseリポジトリの場合: この保持期間を1日から400日の間で変更できます。

保持期間をカスタマイズした場合、適用されるのは新しい成果物とログファイルに対してであり、既存のオブジェクトにさかのぼっては適用されません。 管理されたリポジトリ及びOrganizationについては、最大の保持期間は管理するOrganizationあるいはEnterpriseによって設定された上限を超えることはできません。

詳しい情報については、以下を参照してください。

リポジトリまたは Organization の GitHub Actions を無効化または制限する

デフォルトでは、your GitHub Enterprise Server instance上で有効化されると、GitHub ActionsはすべてのリポジトリとOrganizationで有効になります。 GitHub Actionsを無効化したり、プライベートのアクションのみに制限し、リポジトリ内に存在するアクションだけを使えるようにすることができます。

詳しい情報については、以下を参照してください。

ワークフローの無効化と有効化

GitHub のリポジトリで個々のワークフローを有効化または無効化できます。

不必要なワークフローの実行を避けるために、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化できます。 パブリックリポジトリがフォークされると、スケジュールされたワークフローはデフォルトで無効化されます。 パブリックリポジトリでは、60日間にリポジトリにアクティビティがなかった場合、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化されます。

詳しい情報については、「ワークフローの無効化と有効化」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.