ワークフローでのセルフホストランナーの利用

ワークフローでセルフホストランナーを使うには、ラベルを使ってジョブのためのランナーの種類を指定できます。

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

カスタム及びデフォルトラベルの作成に関する情報については「セルフホストランナーでのラベルの利用」を参照してください。

ワークフローでのセルフホストランナーの利用

ラベルを使うと、セルフホストランナーの共有される特徴に基づき、ワークフローのジョブを特定の種類のセルフホストランナーに送れます。 たとえば、ジョブが特定のハードウェアコンポーネントやソフトウェアパッケージを必要とするなら、カスタムラベルをランナーに割り当て、そのラベルを持つランナー上でのみ実行されるようジョブを設定できます。

ジョブでセルフホストランナーを指定するには、ワークフローファイル中でセルフホストランナーのラベルでruns-onを設定してください。

All self-hosted runners have the self-hosted label. Using only this label will select any self-hosted runner. To select runners that meet certain criteria, such as operating system or architecture, provide an array of labels that begins with self-hosted (this must be listed first) and then includes additional labels as needed.

詳細については、「GitHub Actionsのワークフロー構文」を参照してください。

デフォルトラベルを使ったジョブの転送

セルフホストランナーは、GitHub Actionsに追加されたときに特定のラベルを自動的に受信します。 それらは、ランナーのオペレーティングシステムとハードウェアプラットフォームを示すために使われます。

  • self-hosted: セルフホストランナーに適用されるデフォルトのラベル。
  • linuxwindowsmacOS: オペレーティングシステムに基づいて適用されます。
  • x64ARM、または ARM64: ハードウェアアーキテクチャに基づいて適用されます。

ワークフローのYAMLを使って、これらのラベルの組み合わせに対してジョブを送信できます。 この例では、3つのラベルすべてにマッチするセルフホストランナーが、ジョブを実行する資格を持つことになります。

runs-on: [self-hosted, linux, ARM64]
  • self-hosted - このジョブをセルフホストランナー上で実行します。
  • linux - Linuxベースのランナーだけを使います。
  • ARM64 - ARM64ハードウェアベースのランナーだけを使います。

デフォルトラベルは固定されており、変更や削除はできません。 ジョブの転送をもっと制御する必要がある場合は、カスタムラベルの利用を検討してください。

カスタムラベルを使ったジョブの転送

カスタムラベルを作成し、セルフホストランナーに割り当てることがいつでもできます。 カスタムラベルを使えば、付けられたラベルに基づいて特定の種類のセルフホストランナーにジョブを送信できるようになります。

たとえば、特定の種類のグラフィックハードウェアを必要とするジョブがあるなら、gpuというカスタムラベルを作成し、そのハードウェアがインストールされているランナーに割り当てることができます。 割り当てられたすべてのラベルにマッチするセルフホストランナーが、そのジョブを実行できるようになります。

以下の例は、デフォルトとカスタムのラベルを組み合わせたジョブです。

runs-on: [self-hosted, linux, x64, gpu]
  • self-hosted - このジョブをセルフホストランナー上で実行します。
  • linux - Linuxベースのランナーだけを使います。
  • x64 - x64ハードウェアベースのランナーだけを使います。
  • gpu - このカスタムラベルは、GPUハードウェアがインストールされているセルフホストランナーに手動で割り当てられました。

これらのラベルは累積的に働くので、このジョブを処理できるセルフホストランナーは、4つすべてのラベルがマッチしていなければなりません。

セルフホストランナーのルーティングの優先順位

ジョブをセルフホストランナーにルーティングする際に、GitHubはジョブのruns-onラベルにマッチするランナーを探します。

  1. GitHub first searches for a runner at the repository level, then at the organization level, then at the enterprise level.
  2. ジョブは最初にマッチした、オンラインでアイドル状態のランナーに送信されます。
    • マッチしたすべてのランナーがビジーだった場合、ジョブはマッチしたオンラインのランナーが最も多いレベルでキューイングされます。
    • マッチしたランナーがすべてオフラインだった場合、ジョブはマッチしたオフラインのランナーが最も多いレベルでキューイングされます。
    • マッチするランナーがどのレベルにもなかった場合、そのジョブは失敗します。
    • 24時間以上にわたってキューに残っていたジョブは失敗します。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?