Skip to main content

Usage limits, billing, and administration

There are usage limits for GitHub Actions workflows. Usage charges apply to repositories that go beyond the amount of free minutes and storage for a repository.

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

About billing for GitHub Actions

GitHub Actionsは、コードを保存するのと同じ場所でソフトウェア開発のワークフローを自動化し、プルリクエストやIssueで協力することを支援します。 個々のタスクを書き、アクションを呼び出し、それらを組み合わせてカスタムのワークフローを作成できます。 For more information, see "Understanding GitHub Actions" and "About GitHub Actions for enterprises."

GitHub Actions usage is free for GitHub Enterprise Server instances that use self-hosted runners. For more information, see "About self-hosted runners."

Usage limits

Usage limits apply to self-hosted runners. For more information, see "About self-hosted runners."

Billing for reusable workflows

: 再利用できるワークフローは現在ベータ版であり、変更される可能性があります。

If you reuse a workflow, billing is always associated with the caller workflow. Assignment of GitHub-hosted runners is always evaluated using only the caller's context. The caller cannot use GitHub-hosted runners from the called repository.

For more information see, "Reusing workflows."

Artifact and log retention policy

You can configure the artifact and log retention period for your repository, organization, or enterprise account.

デフォルトでは、ワークフローによって生成された成果物とログファイルは、90日間保持された後自動的に削除されます。 この保持時間を 1 から 400 日の間で変更できます。

保持期間をカスタマイズした場合、適用されるのは新しい成果物とログファイルに対してであり、既存のオブジェクトにさかのぼっては適用されません。 管理されたリポジトリ及びOrganizationについては、最大の保持期間は管理するOrganizationあるいはEnterpriseによって設定された上限を超えることはできません。

For more information, see:

Disabling or limiting GitHub Actions for your repository or organization

By default, after GitHub Actions is enabled on your GitHub Enterprise Server instance, it is enabled on all repositories and organizations. You can choose to disable GitHub Actions or limit it to actions in your enterprise.

For more information, see:

Disabling and enabling workflows

You can enable and disable individual workflows in your repository on GitHub.

不必要なワークフローの実行を避けるために、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化できます。 パブリックリポジトリがフォークされると、スケジュールされたワークフローはデフォルトで無効化されます。 パブリックリポジトリでは、60日間にリポジトリにアクティビティがなかった場合、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化されます。

For more information, see "Disabling and enabling a workflow."