ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ワークフローの成果物を削除する

GitHub Enterprise Server で期限切れになる前に成果物を削除することで、使用済みの GitHub Actions ストレージを再利用できます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub One、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ここには以下の内容があります:

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHub public roadmapで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

成果物を削除する

警告: いったん削除された成果物をリストアすることはできません。

これらのステップを実行するには、リポジトリへの書き込みアクセスが必要です。

デフォルトでは、GitHub Enterprise Server はビルドログと成果物を 90 日間保存します。この保持期間はカスタマイズできます。 詳しい情報については、「使用制限、支払い、および管理」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。 メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ
  3. 左のサイドバーで、表示させたいワークフローをクリックしてください。 左サイドバーのワークフローのリスト
  4. From the list of workflow runs, click the name of the run you want to see. ワークフローの実行の名前
  5. Artifacts(成果物)の下で、 削除したい成果物の隣のをクリックしてください。
    ![成果物の削除のドロップダウンメニュー](/assets/images/help/repository/actions-delete-artifact.png)
    

成果物の保持期間を設定する

成果物とログの保持期間は、リポジトリ、Organization、および Enterprise レベルで設定できます。 詳しい情報については、「使用制限、支払い、および管理」を参照してください。

ワークフローの actions/upload-artifact アクションを使用して、個々の成果物にカスタムの保持期間を定義することもできます。 詳しい情報については、「ワークフローデータを成果物として保存する」を参照してください。

成果物の有効期限を探す

API を使用して、成果物の削除がスケジュールされている日付を確認できます。 詳しい情報については、「リポジトリの成果物の一覧表示」によって返される expires_at 値を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.