このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Skipping workflow runs

You can skip workflow runs triggered by the push and pull_request events by including a command in your commit message.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

Workflows that would otherwise be triggered using on: push or on: pull_request won't be triggered if you add any of the following strings to the commit message in a push, or the HEAD commit of a pull request:

  • [skip ci]
  • [ci skip]
  • [no ci]
  • [skip actions]
  • [actions skip]

Alternatively, you can end the commit message with two empty lines followed by either skip-checks: true or skip-checks:true.

You won't be able to merge the pull request if your repository is configured to require specific checks to pass first. To allow the pull request to be merged you can push a new commit to the pull request without the skip instruction in the commit message.

Note: Skip instructions only apply to the push and pull_request events. For example, adding [skip ci] to a commit message won't stop a workflow that's triggered on: pull_request_target from running.

Skip instructions only apply to the workflow run(s) that would be triggered by the commit that contains the skip instructions. You can also disable a workflow from running. For more information, see "Disabling and enabling a workflow."

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?