ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

コミットに署名する

GPG または S/MIME を使用してローカルでコミットに署名できます。

ノート: GitHub Desktopはコミット署名をサポートしていません。

参考:

Git バージョン 2.0.0 以降で、ローカルリポジトリでデフォルトでコミットに署名するために Git クライアントを設定するには、git config commit.gpgsign true を実行します。 コンピュータのローカルリポジトリでデフォルトですべてのコミットに署名するには、git config --global commit.gpgsign true を実行します。

コミットに署名するたびに入力する必要をなくすために GPG キーパスフレーズを保管するには、次のツールの使用をおすすめします:

  • Mac ユーザは、GPG Suite により、Mac OS キーチェーンに GPG キーパスフレーズを保管できます。
  • Windows ユーザの場合、Gpg4win が他の Windows ツールと統合します。

また、GPG キーパスフレーズを保管しておくために gpg-agent を手動で設定できます。ですが、ssh-agent のように Mac OS キーチェーンでは統合されず、さらにセットアップが必要です。

複数のキーを持っている場合、または、コミッターのアイデンティティにマッチしないキーでコミットやタグに署名しようとする場合、 サインインのキーを Git に伝える必要があります。

  1. ローカルブランチに変更をコミットする場合、 -S フラグをGitコミットコマンドに追加します。
    $ git commit -S -m your commit message
    # 署名済みのコミットを作成する
  2. コミットの作成後にGPGを使っている場合、設定したパスフレーズをGPGキーを作成する時に提供します。
  3. ローカルでのコミット作成が完了したら、GitHub AE 上のリモートリポジトリにプッシュします。
    $ git push
    # ローカルコミットをリモートリポジトリにプッシュする
  4. GitHub AE上で、プルリクエストに移動します。
  5. プルリクエストで Commits(コミット)をクリックしてください。 プルリクエストのコミットタブ
  6. ベリファイされた署名の詳しい情報を見るには、Verifiedをクリックします。 署名されたコミット

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡