Skip to main content

アクティブな SAML セッションの表示と管理

設定でアクティブな SAML セッションを表示および取り消すことができます。

アカウントにログインしているデバイスの一覧を表示し、認識できない SAML セッションをすべて取り消すことができます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    GitHub のアカウント メニューのスクリーンショット。ユーザーがプロファイル、コンテンツ、設定を表示および編集するためのオプションが表示されています。 メニュー項目 [設定] が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ セッション] をクリックします。

  3. [Web セッション] の下で、アクティブな SAML セッションを確認できます。

  4. セッションの詳細を表示するには、セッションの横にある [詳細情報] をクリックします。

  5. セッションを取り消すには、セッションの詳細にある [SAML の取り消し] をクリックします。

注: セッションを取り消すと、その Organization に対する SAML 認証が削除されます。 Organization に再びアクセスするには、アイデンティティプロバイダを介してシングルサインオンする必要があります。 詳しくは、「SAMLのシングルサインオンでの認証について」を参照してください。

参考資料