Skip to main content
We publish frequent updates to our documentation, and translation of this page may still be in progress. For the most current information, please visit the English documentation.

GPG キーで検証済みのメールアドレスを使う

署名を検証するとき、GitHub Enterprise Cloud は、コミッターまたはタガーのメールアドレスが GPG キーの ID からのメールアドレスと一致し、ユーザアカウントの確認済みメールアドレスであることを確認します。 これにより、キーが自分のものであり、自分がコミットまたはタグを作成したことが保証されます。

GitHub のメール アドレスを確認する必要がある場合は、「メール アドレスの確認」を参照してください。 GPG キーにメール アドレスを更新または追加する必要がある場合は、「GPG キーとメールの関連付け」を参照してください。

コミットとタグには複数のメールアドレスが含まれる場合があります。 コミットについては、作者 - コードを書いた人 - とコミッター - ツリーにコミットを追加した人がいます。 マージ中、チェリーピック中、あるいは通常の git commit のいずれであっても、Git でコミットに署名すると、作者のメール アドレスがそうでなくても、コミッターのメール アドレスが自分のものになります。 タグの方が簡単です: タガーのメールアドレスは常にタグを作成したユーザです。

コミッターまたはタガーのメール アドレスを変更する必要がある場合は、「コミット メール アドレスを設定する」を参照してください。

参考資料