Skip to main content

現在、GitHub AE は限定的リリースです。

混乱を生じるコメントを管理する

Issue、pull request、コミットに対するコメントを編集、または削除できます。

コメントを非表示にする

リポジトリへの書き込みアクセス権を持つすべてのユーザーは、issue、pull request、コミットに関するコメントを非表示にできます。

1 つのディスカッションに集中し、プルリクエストのナビゲーションとレビューがしやすいように、トピックから外れている、古い、または解決済みのコメントは非表示にすることができます。 非表示のコメントは最小化されますが、リポジトリに対する読み取りアクセスがあるユーザは展開することができます。

非表示のコメントのスクリーンショット。 表示されるコンテンツは、[このコメントは最小化されました] と、そのコメントを表示するためのボタンのみです。

  1. 非表示にするコメントに移動します。

  2. コメントの右上隅で をクリックし、次に [非表示にする] をクリックします。

    octo-user による pull request コメントのスクリーンショット。 3 つの水平ドットのアイコンの下にドロップダウン メニューが展開され、[非表示] がオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. [理由の選択] ドロップダウン メニューを使って、コメントを非表示にする理由を選びます。 次に、 [コメントを表示しない] を選びます。 GitHub コメントのスクリーンショット。コメントを非表示にする理由 (トピック外、古い、重複、解決済み) を選ぶメニューが表示されています。

コメントを再表示する

リポジトリへの書き込みアクセス権を持つすべてのユーザーは、issue、pull request、コミットに関するコメントを再表示できます。

  1. 再表示するコメントに移動します。

  2. コメントの右側にある [コメントの表示] をクリックします。

  3. 展開されたコメントの右側にある ドロップダウン メニューを選び、 [再表示] をクリックします。

    スパムとしてマークされた pull request コメントのスクリーンショット。 3 つの水平ドットのアイコンの下にドロップダウン メニューが展開され、[再表示] がオレンジ色の枠線で囲まれています。

コメントを編集する

リポジトリに対する書き込み権限があるユーザは、Issue、プルリクエスト、およびコミットに対するコメントを編集することができます。

会話に貢献せず、コミュニティの行動規範に違反するコンテンツは、コメントを編集して削除するのが適切です。

編集とその正当性を明確に示すことが合理的である場合があります。

つまり、リポジトリの読み取りアクセスがあれば、誰でもコミットの編集履歴を見ることができます。 コメントの上部にある [編集済み] ドロップダウンには編集履歴があり、それぞれの編集のユーザーとタイムスタンプが表示されます。

部分的に編集された octo-user によるコメントのスクリーンショット。 コメント ヘッダーで "octocat による編集" というテキストの横に、ドロップダウン アイコンがオレンジ色の枠線で囲まれています。

機密情報の編集

コメントの作者とリポジトリの書き込みアクセスがあるユーザは、コメントの編集履歴から機密情報を削除できます。 詳しくは、「コメントの変更を追跡する」を参照してください。

  1. 編集したいコメントに移動します。

  2. コメントの右上隅にある をクリックし、次に [編集] をクリックします。

    octo-user による pull request コメントのスクリーンショット。 3 つの水平ドットのアイコンの下にドロップダウン メニューが展開され、[編集] がオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. [コメント] ウィンドウで、削除するコンテンツを削除し、「[REDACTED]」と入力して置き換えます。

  4. コメントの下部に、コメントを編集したことを示すメモを入力し、オプションで編集した理由も入力します。

  5. [コメントの更新] をクリックします。

コメントを削除する

リポジトリに対する書き込み権限があるユーザは、Issue、プルリクエスト、 およびコミットに対するコメントを削除することができます。 Organization オーナー、チームメンテナ、コメント作成者は、チームのページのコメントを削除することもできます。

Issue やプルリクエストで、会話に役立つ建設的な内容が部分的に含まれているコメントは、削除せず編集してください。

コメントの削除は、モデレーターとしての最終手段です。 コメント全体が会話にとって建設的な内容ではない場合や、コミュニティの行動規範に違反している場合は、コメントを削除するのが適切です。

コメントを削除すると、リポジトリに対する読み取りアクセスを持つユーザなら誰でも見ることのできるタイムラインイベントが作成されます。 ただし、コメントを削除したユーザの名前は、リポジトリへの書き込みアクセスを持つユーザにしか見えません。 書き込みアクセスを持たないユーザから見ると、タイムラインイベントは匿名化されています。

"octo-org が 6 分前に hubot からコメントを削除しました" というタイムライン イベントのスクリーンショット。

注: issue または pull request の最初のコメント (または本文) を削除することはできません。 かわりに、Issue やプルリクエストの本文を編集して、不要な内容を削除してください。

コメントを削除する手順

  1. 削除したいコメントに移動します。
  2. コメントの右上で をクリックし、次に [削除] をクリックします。 octo-user による pull request コメントのスクリーンショット。 3 つの水平ドットのアイコンの下にドロップダウン メニューが展開され、[削除] がオレンジ色の枠線で囲まれています。
  3. オプションで、コメントを削除したことを示すコメントとその理由を入力します。