Skip to main content

コントリビューターが Organization のリポジトリで不正利用を報告する方法を管理する

コントリビューターが混乱をもたらす振る舞いをリポジトリメンテナに直接報告できるようにすることができます。

リポジトリに対する管理者権限を持つユーザは、コントリビューターがリポジトリ内の不正利用をレポートする方法を管理できます。

Organization が所有する公開リポジトリのレポートコンテンツを有効または無効にすることができます。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン 1. サイドバーの [アクセス] セクションで [ モデレーション オプション] を選び、 [報告内容] をクリックします。
  2. [Reported content](報告されたコンテンツ) で、 [Accept content reports from collaborators and prior contributors](コラボレーターや以前の共同作成者からコンテンツ レポートを受け入れる) を選択または選択解除します。 報告されたリポジトリのコンテンツにオプトインまたはオプトアウトするためのチェックボックス

参考資料