Skip to main content

Issue フォームを作成するときの一般的な検証エラー

issue フォームを作成、保存、または表示すると、これらの一般的な検証エラーの一部が表示されることがあります。

注: 現在、Issue フォームはベータ版であり、GitHub.com の公開リポジトリでのみ使用できます。

必須の最上位レベルのキー name が欠落しています

テンプレートに name フィールドが含まれていません。つまり、ユーザーにオプションのリストを示すときに Issue テンプレートを呼び出す内容が明確ではありません。

description: "Thank you for reporting a bug!"
...

このエラーは、キーとして name を追加することで修正できます。

name: "Bug report"
description: "Thank you for reporting a bug!"
...

key は文字列である必要があります

このエラー メッセージは、許可されたキーは指定されていますが、データの種類がサポートされていないため、その値を解析できないことを意味します。

以下の description はブール値として解析されていますが、文字列である必要があります。

name: "Bug report"
description: true
...

このエラーは、値として文字列を指定することで修正できます。 文字列を正しく解析するには、二重引用符で囲む必要がある場合があります。 たとえば、' を含む文字列は二重引用符で囲む必要があります。

name: "Bug report"
description: "true"
...

空の文字列、または空白のみで構成される文字列は、フィールドで文字列が必要な場合にも許可されません。

name: ""
description: "File a bug report"
assignees: "      "
...

このエラーは、値を空以外の文字列に修正することで修正できます。 フィールドが必要ない場合は、キーと値のペアを削除する必要があります。

name: "Bug Report"
description: "File a bug report"
...

input が許可されているキーではありません

テンプレートの最上位レベルで予期しないキーが指定されました。 サポートされている最上位レベルのキーの詳細については、「Issue フォームの構文」を参照してください。

name: "Bug report"
hello: world
...

このエラーは予期しないキーを削除することで修正できます。

name: "Bug report"
...

禁止されているキー

YAML では特定の文字列を Boolean 値として解析します。 これを回避するために、次のキーの使用を明示的に禁止しています。

y, Y, yes, Yes, YES, n, N, no, No, NO, true, True, TRUE, false, False, FALSE, on, On, ON, off, Off, OFF

このエラーは、禁止されているキーを削除することで修正できます。

本文には、マークダウン以外のフィールドが少なくとも 1 つ含まれている必要があります

Issue フォームではユーザー入力を受け入れる必要があります。つまり、そのフィールドの少なくとも 1 つにユーザー入力フィールドが含まれている必要があります。 markdown 要素は静的テキストであるため、body 配列に markdown 要素のみを含めることはできません。

name: "Bug report"
body:
- type: markdown
  attributes:
    value: "Bugs are the worst!"

このエラーは、ユーザー入力を受け入れるマークダウン以外の要素を追加することで修正できます。

name: "Bug report"
body:
- type: markdown
  attributes:
    value: "Bugs are the worst!"
- type: textarea
  attributes:
    label: "What's wrong?"

本文には一意の ID が必要です

id 属性を使用して複数の要素を区別する場合、各 id 属性は一意である必要があります。

name: "Bug report"
body:
- type: input
  id: name
  attributes:
    label: First name
- type: input
  id: name
  attributes:
    label: Last name

このエラーは、これらの入力のいずれかの id を変更し、すべての input フィールドが一意の id 属性を持つように変更することで修正できます。

name: "Bug report"
body:
- type: input
  id: name
  attributes:
    label: First name
- type: input
  id: surname
  attributes:
    label: Last name

本文には一意のラベルが必要です

ユーザー入力を受け入れる body 要素が複数ある場合、各ユーザー入力フィールドの label 属性は一意である必要があります。

name: "Bug report"
body:
- type: textarea
  attributes:
    label: Name
- type: textarea
  attributes:
    label: Name

このエラーは、いずれかの入力フィールドの label 属性を変更し、各 label が必ず一意であるようにすることで、修正できます。

name: "Bug report"
body:
- type: textarea
  attributes:
    label: Name
- type: textarea
  attributes:
    label: Operating System

入力フィールドは、id 属性によって区別することもできます。 重複する label 属性が必要な場合は、少なくとも 1 つの id を指定して、同じラベルを持つ 2 つの要素を区別できます。

name: "Bug report"
body:
- type: textarea
  id: name_1
  attributes:
    label: Name
- type: textarea
  id: name_2
  attributes:
    label: Name

id 属性は Issue 本文に表示されません。 結果の Issue のフィールドを区別する場合は、個別の label 属性を使用する必要があります。

ラベルが似すぎています

似たようなラベルは同じ参照に処理される場合があります。 id 属性が input に対して指定されていない場合、input フィールドへの参照を生成するために label 属性が使用されます。 これを行うには、Rails の parameterize メソッドを利用して label を処理します。 場合によっては、異なる 2 つのラベルを同じパラメーター化された文字列に処理できます。

name: "Bug report"
body:
- type: input
  attributes:
    label: Name?
- type: input
  id: name
  attributes:
    label: Name???????

このエラーは、少なくとも 1 つの差別化英数字、-、または _ を競合するラベルのいずれかに追加することで修正できます。

name: "Bug report"
body:
- type: input
  attributes:
    label: Name?
- type: input
  attributes:
    label: Your name

このエラーは、競合するラベルのいずれかに一意の id を付けることで修正することもできます。

name: "Bug report"
body:
- type: input
  attributes:
    label: Name?
- type: input
  id: your-name
  attributes:
    label: Name???????

checkboxes には一意のラベルが必要です

checkboxes 要素が存在する場合、その入れ子になった各ラベルは、そのピアと他の入力の種類の間で一意である必要があります。

name: "Bug report"
body:
- type: textarea
  attributes:
    label: Name
- type: checkboxes
  attributes:
    options:
    - label: Name

このエラーは、これらの入力のいずれかの label 属性を変更することで修正できます。

name: "Bug report"
body:
- type: textarea
  attributes:
    label: Name
- type: checkboxes
  attributes:
    options:
    - label: Your name

または、競合する最上位レベルの要素に対して id を指定することもできます。 入れ子になった checkbox 要素では id 属性はサポートされていません。

name: "Bug report"
body:
- type: textarea
  id: name_1
  attributes:
    label: Name
- type: checkboxes
  attributes:
    options:
    - label: Name

id 属性は Issue 本文に表示されません。 結果の Issue のフィールドを区別する場合は、個別の label 属性を使用する必要があります。

Body[i]: 必須のキーの種類が欠落しています

各本文ブロックにはキー type が含まれている必要があります。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのゼロから始まるインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

body:
- attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."

このエラーは、値として入力の種類が有効な type を追加することで修正できます。 使用可能な body の入力の種類とその構文については、「GitHub のフォーム スキーマの構文」を参照してください。

body:
- type: markdown
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."

Body[i]: x が有効な入力の種類ではありません

本体ブロックの 1 つに、許可されている種類の 1 つではない種類の値が含まれています。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

body:
- type: x
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."

エラーは、x を有効な種類のいずれかに変更することで修正できます。

body:
- type: markdown
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."

Body[i]: 必須の属性キー value が欠落しています

必須の value 属性の 1 つが指定されていません。 このエラーは、ブロックに attributes キーがない場合、または attributes キーの下に value キーがない場合に発生します。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

body:
- type: markdown
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."
- type: markdown

この例のエラーは、body の 2 番目のリスト要素の attributes の下にキーとして value を追加することで修正できます。

body:
- type: markdown
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."
- type: markdown
  attributes:
    value: "This is working now!"

Body[i]: ラベルは文字列である必要があります

その attributes ブロック内で、値のデータ型が間違っています。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

以下の label はブール値として解析されていますが、文字列である必要があります。

body:
- type: markdown
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."
- type: textarea
  attributes:
    label: Bug Description
- type: textarea
  attributes:
    label: true

このエラーは、label に対して文字列値を指定することで修正できます。 ブール値、整数、または 10 進数として解析できる label 値を使用する場合は、その値を引用符で囲む必要があります。 たとえば、true1.3 ではなく、"true""1.3" とします。

- type: markdown
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."
- type: textarea
  attributes:
    label: Bug Description
- type: textarea
  attributes:
    label: Environment Details

空の文字列、または空白のみで構成される文字列は、属性で文字列が必要な場合に許可されません。 たとえば、""" " は許可されません。

属性が必要な場合、値は空ではない文字列である必要があります。 フィールドが必要ない場合は、キーと値のペアを削除する必要があります。

body:
- type: input
  attributes:
    label: "Name"

Body[i]: id に含めることができるのは数字、文字、-、_ のみです

id 属性に含めることができるのは、英数字、-、および _ のみです。 テンプレートの id には、空白などの許可されていない文字が含まれる場合があります。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

name: "Bug report"
body:
- type: input
  id: first name
  attributes:
    label: First name

空白やその他の許可されていない文字が確実に id 値から削除されるようにすることで、このエラーを修正できます。

name: "Bug report"
body:
- type: input
  id: first-name
  attributes:
    label: First name

Body[i]: x は許可されているキーではありません

予期しないキー x が、type および attributes と同じインデント レベルで指定されました。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

body:
- type: markdown
  x: woof
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."

このエラーは、余分なキーを削除し、typeattributes、および id のみを使用することで修正できます。

body:
- type: markdown
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug! If you need real-time help, join us on Discord."

Body[i]: label に禁止された単語が含まれています

GitHub Issues で個人情報と資格情報が公開されるリスクを最小限に抑えるために、攻撃者が一般的に使用する一部の単語は、入力や textarea 要素の label では許可されません。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

body:
- type: markdown
  attributes:
    value: Hello world!
- type: input
  attributes:
    label: Password

このエラーは、すべての label フィールドから "password" のような用語を削除することで修正できます。

body:
- type: markdown
  attributes:
    value: Hello world!
- type: input
  attributes:
    label: Username

Body[i]: x は許可されている属性ではありません

無効なキーが attributes ブロックに指定されています。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

body:
- type: markdown
  attributes:
    x: "a random key!"
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug!"

このエラーは、余分なキーを削除し、許可されている属性のみを使用することで修正できます。

body:
- type: markdown
  attributes:
    value: "Thanks for taking the time to fill out this bug!"

Body[i]: options は一意である必要があります

checkboxes とドロップダウン入力の種類の場合、options 配列で定義されている選択肢は一意である必要があります。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

body:
- type: dropdown
  attributes:
    label: Favorite dessert
    options:
      - ice cream
      - ice cream
      - pie

options 配列に重複する選択肢が確実に存在しないようにすることで、エラーを修正できます。

body:
- type: dropdown
  attributes:
    label: Favorite dessert
    options:
      - ice cream
      - pie

Body[i]: options に予約語 none を含めることはできません

"None" は options セット内の予約語です。これは、dropdown が不要な場合に非選択を示すために使用されるためです。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

body:
- type: dropdown
  attributes:
    label: What types of pie do you like?
    options:
      - Steak & Ale
      - Chicken & Leek
      - None
  validations:
    required: true

このエラーは、オプションとして "None" を削除することで修正できます。 コントリビューターがこのような種類のいずれのパイも好みでないことを示せるようにする場合は、さらに required 検証を削除できます。

body:
- type: dropdown
  attributes:
    label: What types of pie do you like?
    options:
      - Steak & Ale
      - Chicken & Leek

この例では、選択可能なオプションとして "None" が自動的に設定されます。

Body[i]: options にブール値を含めることはできません。 'yes' や 'true' など、値を引用符で囲んでください

引用符で囲まれている場合を除き、YAML パーサーによってブール値に処理されるようになる英単語がいくつかあります。 ドロップダウンの options の場合、すべての項目はブール値ではなく文字列である必要があります。

body に関するエラーの先頭には body[i] があります。ここで i は、エラーを含む本文ブロックのインデックスを表します。 たとえば、body[0] は、body リストの最初のブロックが原因でエラーが発生したことを示します。

body:
- type: dropdown
  attributes:
    label: Do you like pie?
    options:
      - Yes
      - No
      - Maybe

問題のある各オプションを引用符で囲んで、ブール値として処理されないようにすることで、このエラーを修正できます。

body:
- type: dropdown
  attributes:
    label: Do you like pie?
    options:
      - "Yes"
      - "No"
      - Maybe

本体を空にすることはできない

テンプレート本体の key:value のペアを空にすることはできません。 必要な最上位レベルのキーについて詳しくは、「Issue フォームの構文」をご覧ください。

このエラーは、body: セクションを追加することで修正できます。

name: Support Request
description: Something went wrong and you need help?
---
body:
- type: textarea
  attributes:
    label: "What's wrong?"

この例では、ヘッダーと body セクションの間の --- (ドキュメント区切り記号) を削除することで、エラーを修正できます。

name: Support Request
description: Something went wrong and you need help?

body:
- type: textarea
  attributes:
    label: "What's wrong?"

参考資料