Skip to main content

ウィキページを追加または編集する

ウィキページは、GitHub Enterprise Cloud 上で直接、あるいはコマンドラインを使ってローカルで追加および編集できます。

Who can use this feature?

Wikiは、組織の場合はGitHub FreeとGitHub Freeのパブリック・リポジトリで、パブリックおよびプライベート・リポジトリではGitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverで利用できます。 詳しくは、「GitHub のプラン」をご覧ください。

ウィキページを追加する

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下の [Wiki] を選択します。

    リポジトリ内のメニューのスクリーンショット。 [Wiki] オプションが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. ページの右上隅にある New Page をクリックします

  4. 必要に応じて、Markdown 以外のフォーマットで記述するために、[編集モード] ドロップダウンを使って他のフォーマットを選びます。

    [新しいページの作成] ページのスクリーンショット。 [編集モード] ドロップダウンが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  5. テキストエディタを使って、ページの内容を追加してください。

  6. [メッセージの編集] フィールドに、追加する新しいファイルを説明するコミット メッセージを入力します。

  7. 変更を Wiki にコミットするには、 Save Page をクリックします。

ウィキページを編集する

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下の [Wiki] を選択します。

    リポジトリ内のメニューのスクリーンショット。 [Wiki] オプションが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. 右にある Wiki サイドバーを使用して、変更したいページに移動してください。 ウィンドウの右上にある Edit をクリックします。

  4. テキスト エディターを使って、ページの内容を編集します。

  5. [メッセージの編集] フィールドに、追加する新しいファイルを説明するコミット メッセージを入力します。

  6. 変更を Wiki にコミットするには、 Save Page をクリックします。

ローカルでウィキページを追加または編集する

ウィキは Git のリポジトリの一部なので、Git ワークフローを使ってローカルで変更を加え、リポジトリにプッシュできます。

手元のコンピュータへウィキをクローンする

すべてのウィキは、その内容をあなたのコンピュータにクローンする簡単な方法を提供しています。 GitHub Enterprise Cloud に最初のページを作成したら、指定した URL のコンピューターにリポジトリをクローンすることができます。

$ git clone https://github.com/YOUR_USERNAME/YOUR_REPOSITORY.wiki.git
# Clones the wiki locally

wiki をクローンした後は、新しいファイルの追加、既存のファイルの編集、変更のコミットができます。 ユーザとコラボレータは、Wiki で作業するときにブランチを作成できますが、デフォルトブランチにプッシュされた変更のみがライブになり、読者はそれのみを利用できます。

ウィキのファイル名について

wiki のページのタイトルはファイル名で決まり、ファイルの拡張子で wiki の内容の描画方法が決まります。

Wiki はマークアップの変換に私たちのオープンソースの Markup ライブラリを使っており、ファイルの拡張子によって使うコンバーターを決定しています。 たとえば、ファイルに foo.md または foo.markdown という名前を付けた場合、wiki は Markdown コンバーターを使います。一方で、foo.textile というファイルには Textile コンバーターが使われます。

wiki ページのタイトルには次の文字を使用しないでください: \ / : * ? " < > |。 特定のオペレーティングシステムのユーザは、これらの文字を含むファイル名を扱えません。 内容を書く上では、拡張子にマッチしたマークアップ言語を使ってください。そうなっていない場合、内容は正しく描画されません。