Skip to main content

Code scanningと統合する

データを SARIF ファイルとしてアップロードすることで、サードパーティーのコード解析ツールをGitHub code scanning と統合できます。

Code scanning is available for organization-owned repositories in GitHub Enterprise Server. This feature requires a license for GitHub Advanced Security. 詳細については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

  • About integration with code scanning

    You can perform code scanning externally and then display the results in GitHub, or set up webhooks that listen to code scanning activity in your repository.

  • SARIF ファイルを GitHub にアップロードする

    サードパーティの静的解析ツールからGitHubにSARIFファイルをアップロードし、リポジトリ内でそれらのツールからのcode scanningアラートを見ることができます。

  • SARIF support for code scanning

    To display results from a third-party static analysis tool in your repository on GitHub, you'll need your results stored in a SARIF file that supports a specific subset of the SARIF 2.1.0 JSON schema for code scanning. If you use the default CodeQL static analysis engine, then your results will display in your repository on GitHub automatically.